APPENDIX

 このセクションでは、私がこれまでドングリの樹から採集してきた主にドングリ以外の構造物(果軸、枝、葉等)で、今でも大切に保存しているものをご紹介します。展示品の中には、このHP以外の情報媒体で、誰も目にしたことがないような激レア品があるかもしれませんよ〜 ☆

 それぞれの珍品度は、セクション18の “ どんぐり美術館 ” の作品群と同様に5段階(★の数が多いものほど滅多にお目にかかれない稀少品)で表示しています。また、展示品の詳細はそれぞれの末尾に記した “ 本件に関連のある記事 ” を参照願います。

 なお、セクション3の “ 多果ドングリ ” 、セクション15の “ 究極の多果ドングリ ” 、セクション17の “ 異形多果ドングリ ” 、そしてセクション18の “ どんぐり美術館 ” で紹介したものについては、重複を避けるためにこのセクションでは取り上げておりませんので、ご了承願います。

(注) このセクションに掲載している写真については、一切の転載を許可しておりません。


Article No.01     一年成のアベマキのドングリが結実した枝
Article No.02     マテバシイの果軸の先端から出現した新枝
Article No.03     細長い鱗片が内側に回り込んだ殻斗
Article No.04     超絶長いコナラのドングリが結実した果軸 (4月開花、10月結実)
Article No.05     6つの開花の痕跡があるウバメガシの果軸 (4月開花、翌11月結実)
Article No.06     高次の多果を結実したシリブカガシの果軸
Article No.07     超絶長いツブラジイのドングリが結実した果軸 (10月開花、翌11月結実)
Article No.08     季節外れに出現した花軸を伴うウバメガシの新枝
Article No.09     二股に分岐したシラカシの普通葉
Article No.10     超絶長いミズナラのドングリが結実した果軸 (4月開花、10月結実)
Article No.11     シリブカガシの殻斗の内側に立つ果軸
Article No.12     季節外れに出現した雌雄両花軸を伴うウラジロガシの新枝

Article No.13以降は、現在作成中です

Article No.13    Article No.14    Article No.15

Article No.16    Article No.17    Article No.18

Article No.19    Article No.20    Article No.21

Article No.22    Article No.23    Article No.24