23. 集まれ!両性花

 我々の身近に咲いている花の多くは、雌蕊の周りを複数個の雄蕊が取り囲んだ両性花です。一方、ブナ科の樹木の花、即ちドングリの元になる花は、雌蕊だけをもつ雌花と雄蕊だけの雄花に分れています。これを雌雄異花といいます。
 ところが、ドングリの花を観察していると、しばしば両性花に出くわすことがあります。両性花と言っても、厳密には雄蕊、もしくは雌蕊のいずれかが機能していない、外観が両性形態の花のことです。両性花は、マテバシイ属やシイ属の樹種ではごく普通に見られますが、コナラ属の樹種では稀にしか目にすることが出来ないものがたくさんあります。

 このセクションでは、これまで目撃した両性花の様々な形態や開花状況についてご紹介します。下記の樹種名をクリックしてご覧下さい。

1. マテバシイ( Lithocarpus edulis )
2. スダジイ( Castanopsis sieboldii )
3. ナラガシワ( Quercus aliena )
4. コナラ( Quercus serrata )   
5. ウバメガシ( Quercus phillyraeoides )  
6. アラカシ( Quercus glauca )
7. シラカシ( Quercus myrsinaefolia )

(注) このセクションに掲載している写真やデータについては、一切の転載を許可しておりません。


<関連記事>
・ セクション8 “ 雑記078 : 驚愕! シラカシの両性花 ”
・ セクション8 “ 雑記080 : 両性花の発生頻度は意外に高い? ”
・ セクション8 “ 雑記106 : 元は両性花です ”
・ セクション8 “ 雑記120 : 珍しいものだったんですね ”
・ セクション8 “ 雑記121 : 多果を産するところに両性花有り ”
・ セクション8 “ 雑記122 : 雄蕊も機能しているのでは...? ”
・ セクション8 “ 雑記125 : 性別コントロールは自由自在?? ”
・ セクション8 “ 雑記217: これは果軸であるが、茎でもある ”
・ セクション8 “ 雑記228: 穂状花序から尾状花序へ ”
・ セクション22 “ 季節外れのドングリの花 ”