アラカシQuercus glauca )
 花軸 (花期 : 4〜5月)

 雌花軸は、新枝の上部にある葉腋から立ち上がる穂状花序です。一方、雄花軸は新枝の下部から垂下する長さ50〜100mm程度の尾状花序です。1本の雄花軸には20〜30個の雄花が咲きます。
 雌花軸に見られる2つのタイプ

 雌花軸には、軸長が10mm前後のものと30〜40mmもある2つの形態があります(図23-6-2参照)。前者の花軸には雌花が2〜3個、後者には5〜7個が咲きます。他の樹種に比べて、アラカシやシラカシでは両性花が発生しやすい傾向があります。また、経験的に両性花は花軸が長い形態で多く見られます。因みに、多果の雌花が発生しやすいのも花軸が長い形態です。
 両性花の形態例

 両性花が結実したドングリ

 普通、雌花ライクな両性花は雌花と同様に結実します。図23-6-6はその例です。