16. ドングリの虫害対策

 図16-Aの右側の写真は、シギゾウムシの仲間によって食害されたドングリの幼果です。シギゾウムシの仲間は、幼果に長い口吻を突き刺して樹液を吸い取るのです。一方、シギゾウムシの様に長い口吻を持たない昆虫でも、幼果に直接齧り付いて樹液を吸い取る、ハナムグリのようなものもいます(図16-B参照)。
 
 何れも、昆虫達は幼果そのものを食べる訳ではなく、樹から樹液を吸うための吸水口として、柔軟な組織をもつ幼果を利用しているだけなのですが、こうして損傷を受けた幼果は生命力を絶たれて、数日と経たないうちに、敢え無く枯死してしまうのです。

 生まれて間もない幼果は、何ら抗する術も無く昆虫達の餌食になってしまうのですが、この時期を無事に乗り切っても、まだまだ安心は出来ません。成熟間近になると、今度は全く別の目的をもった昆虫達によって、あたらな攻撃を受けることになるのです。

 図16-Cは、成熟するおよそ1ヶ月前に採集したコナラのドングリです。堅果の表面には、針で突いたような小さな孔があります。これは、シギゾウムシのような長い口吻をもつ昆虫が、彼らの子育てに使う “ ゆりかご ” としてドングリを利用するために開けた産卵孔です。卵を産み付けられたドングリは、孵化した幼虫に種子の一部を食べられてしまうので、それらの多くは発根することもなく朽ち果ててしまいます
(*)
* 種子の内部にある幼根が無事であれば、発根は可能です。

 このように、雌花から果実へと成熟するまでの間、ドングリはひたすら虫害という苦難を耐え忍ばなければならないのですが、彼らも決してこの状況を甘んじて受け入れている訳ではありません。
 成長するにつれて強固な鎧で身を固めるものや、昆虫達の産卵意欲を減退させる等、彼らなりの巧みな妨害方法を身につけて、昆虫達との静かなる戦いを繰り広げているのです。

 このセクションでは、成熟間近のドングリが、シギゾウムシの様な昆虫に産卵されるのを防ぐ為に、独自に進化を遂げたと考えられる虫害対策について考えてみました。御覧になりたい項目をクリックして下さい。
16-1. 殻斗の厚膜化/堅果被覆率の増加
16-2. 殻斗の内側への鱗片の回り込み
16-3. 果皮の厚膜化
16-4. 果実の矮小化
16-5. 成熟時期の遅延
(注) データ等の無断転載はご遠慮下さい。