16-3. 果皮の厚膜化

 セクション16-1、16-2では、ハイイロチョッキリやシギゾウムシの仲間によって堅果に産卵されるのを防ぐ為に、殻斗を厚膜化したり、殻斗による堅果の被覆率を高めるといったような、殻斗の形態そのものを特殊化する武装強化方法について紹介しました。このセクションでは、産卵対象となる堅果そのものを武装するのに、種子を包んでいる果皮を厚膜化する方法について紹介します。

 殻斗の形態を特殊化することが出来るのが、クヌギやアベマキのような構造を有するドングリに限定されるのと同様に、果皮を厚くすることが出来るのは、マテバシイやシリブカガシの様なマテバシイ属のドングリに限定されます(表16-3-1参照)。

 それでは、マテバシイを例にとって堅果の断面構造を見てみましょう(図16-3-1参照)。図中の赤丸で囲んだところは、昆虫が一般的にドングリに産卵孔を穿つ部位に該当します。マテバシイでは、この部分の果皮が特に厚い(果皮厚:2〜3mm程度)ので、容易に開孔することは出来ません。昆虫達もこの事を熟知しており、マテバシイのドングリに産卵しようとするものはほとんどいません。
 ところが、昆虫の中にも変わり者がいるようで、稀に産卵孔のあるマテバシイの堅果を目にすることがあります。図16-3-2はその例ですが、残念ながら穿孔は果皮の途中で停止しており、種子までは到達していませんでした。マテバシイ属の果皮は、他の種類のドングリに比べて分厚いだけでなく、組織が緻密で、非常に硬いということも関係しているのかもしれません。

 一方、どうにかして種子に産卵することは出来たものの、成熟した幼虫が中から出てこれなくなったシリブカガシの堅果の例があります(図16-3-3参照)。脱出を試みる幼虫が、苦労して開けた小さな孔の内部で蠢く姿が見え隠れするものの、一向に出てくる気配がありませんでした。それから、数ヶ月経ってこのドングリを解体してみると、中の干からびた幼虫がいました。“ 行きは良い良い、帰りは怖い... ” というのは、正にこの事ですね♪