26. 殻斗の元になる器官の正体

 ブナ科の植物の最大の特徴は、その果実であるドングリを包む殻斗の存在です。しかしながら、この殻斗を生み出すもとになる器官については、現在に至るまでほとんど解明されていません。

 私がドングリについて本格的にフィールド調査を開始してから早10年が経ちましたが、主に多果形態の調査を通してドングリの本質を探るのに必要と考えられる多くの重要な知見を得ることができました。今後、これらの知見を元にして、自称ドングリマニアの私にとって最大のテーマとも言える殻斗の元になる器官の正体に肉迫したいと考えています。

 このセクションでは、殻斗の元になる器官に関連する事象について、独自の視点で調査した結果をまとめて紹介します。新しい知見が得られたらその都度更新して、各項目の充実化を図っていきます。

(注) このセクションに掲載している写真やデータについては、一切の転載を許可しておりません。


1. 殻斗の元になる器官とは?
2. 開花した殻斗の元になる器官と幼果の形態
3. 樹種別 殻斗の元になる器官

<関連記事>
・ セクション8 “ 雑記257 : これが殻斗の元になる器官です ”
・ セクション8 “ 雑記260 : 殻斗の元になる器官がいっぱい! ”
・ セクション8 “ 雑記261 : 奇妙な形をしたアラカシの幼果 ”
・ セクション8 “ 雑記262 : 花が咲くと口が開く ”
・ セクション8 “ 雑記263 : 殻斗だけになっても成長しています ”
・ セクション8 “ 雑記264 : コナラでも見つけました! ”
・ セクション8 “ 雑記296 : 分裂した殻斗の元になる器官 ”
・ セクション8 “ 雑記297 : 短いと見つけにくいです ”
・ セクション8 “ 雑記298 : 実見は不可能? ”