2. 開花した殻斗の元になる器官と幼果の形態
 殻斗の元になる器官に咲く雌花の形態は、図26-2-1のように大きく3つに分けられます。

 標準サイズの雌花とそれよりもやや小さな雌花が咲いた場合、両者の幼果は一見別物のように見えます。ただ、どちらも殻斗と堅果で構成されたドングリの子供であることは一目瞭然です(図26-2-2参照)。

 ところが、標準的な雌花とは比較にならない微小な雌花が咲いた場合、およそドングリの子供とは思えない幼果が誕生します。ここでいう微小な雌花とは胚珠を包含しない単一雌蕊(*)のことで、小さなものは太さが僅か10ミクロン(1ミクロンは千分の1mm)前後しかないものもあります。それらは開花して間もなく退化消滅してしまうので、幼堅果として姿形を残しませんが、これが開花したことによって殻斗の元になる器官の形態が微妙に変化します。図26-2-3はその形態の変化例です。
* 微小な単一雌蕊が実在すること、それらが複合雌蕊と違って胚珠を包含しないこと、単一雌蕊が開花してから短時日で退化消滅する現象が実在することに関するデータは、セクション3-1-4、3-2-4を参照願います。

 
 殻斗の元になる器官の先端にある口が僅かに開いただけのものや、そこから殻斗の一部が露出したもの、さらには殻斗だけが成長してリング状の鱗片を何層も形成したもの
(**)など、それらの形態は様々です。殻斗の元になる器官は、たとえ雌花が消滅してもその存在を記憶しており、それを包含するために何がしかの殻斗を形成します。図26-2-3に見られる形態の違いは、殻斗の元になる器官に咲いた雌花のサイズ(微小でも差はあります)や、開花から消滅に至るまでに要した時間などが関与していると思われます。
** 殻斗だけで成長するものは、大きくても図26-2-3の右最下段にある写真程度(幅3mm弱)であり、標準的なサイズの雌花(複合雌蕊をもつもの)が開花した時の殻斗とは比べものにならないぐらい小さなものです。