1. 殻斗の元になる器官とは?
 一般に、殻斗の元になる器官は雌花に付随するものと考えられているようです。マテバシイ属(マテバシイやシリブカガシ等)では、複数の雌花が花軸の特定箇所に集結してドングリを形成するから、それらの殻斗は各々の雌花が形成する複数の殻斗が合着したものであると解釈されているのは、この考え方に基づいています。

 しかしながら、私がコナラ属の多果ドングリ(1つの殻斗が複数の堅果を包含したドングリ)やそれらを着果した果軸の構造を分析して、マテバシイ属のものと比較評価してみたところ、いずれのドングリも構造や果軸との関係に差異は認められず、複数の殻斗が合着したように見える姿は、あくまで1つの殻斗が複数個の堅果を包含するために、フレキシブルにその形態を変化させたものであるという結論に達しました
(*)

 殻斗に対する一般的な解釈と実態とのズレは、殻斗の元になる器官が雌花に付随するものであるとの解釈に端を発しており、殻斗の元になる器官が花軸(果軸)に属ずるものと解釈すれば、このようなミスマッチは生じなかったと考えられます。さらに、後者のように解釈することで、種や属を問わず全てのドングリの殻斗の構造や成り立ちがセルフコンシステントに説明できるようになります(図26-1-1参照)。
* セクション25の1項を参照願います。


 このHPの扉に、2017年 7月21日付けで以下の文言を挿入しました。

 これは、現在に至るまでの調査結果を元に、私なりにドングリの素性を一文で表現したものです。文中に、殻斗の元になる器官が花軸(果軸)にあるとしてますが、その証拠になるものが図26-1-2です。

 これはアラカシの例ですが、果軸の上にある小さな巾着に似た形の物体が殻斗の元になる器官です。樹種によっては非常に稀にしか目にすることができませんが、アラカシやシラカシ、ウラジロガシではそんなに珍しいものではありません。

 巾着の口に相当する先端部分が閉じた状態のものは、開花しなかった殻斗の元になる器官、即ち器官そのものです。そして、この器官に雌花が咲くと口が開きます。我々が普通目にするドングリの雌花は、この口が大きく開いてその中から雌花が姿を現した状態のものです(図26-1-3参照)。


 殻斗の元になる器官のサイズや形状は、個体間でほとんど差がありません。平均的なもので幅が1mm〜1.5mm、高さが1mm程度です。平均的なサイズに比べて極端に大きなものは、これまでに見たことがありませんが、極端に小さなものなら頻繁に目にします(図26-1-4参照)。

 極端に小さな殻斗の元になる器官に咲いた花は、開花後1ヶ月程度でほとんどが枯死します(図26-1-5参照)。図中の右上の写真は、左側の写真と同じ個体で同時日に撮影したものです。この写真の幼果はまだ枯死していませんが、撮影してから数週間後には果軸から姿を消していました。