3-1.  多果ドングリ  

 コナラ属では、殻斗の元になる器官に1個の雌花が咲いた雌花序が基本です。花被/花床で覆われた下位子房は、3つの子室から構成されたものが一般的であり、それぞれの子室が種子の元になる胚珠を2個ずつ包含しています(図3-A参照)(*)
 これらの胚珠が全て成長すると、1個の堅果の中にたくさんの種子が形成されることになりますが、普通はそれらの中の1個だけが成長して残りは退化消滅します。ただ、稀に複数の胚珠が同時に成長して、1個の堅果の中に複数個の種子をもったドングリが誕生することがあります
(**)

 森林や公園などで我々が普段目にするコナラ属のドングリは、ほとんどが1つの殻斗に1個の堅果が入ったものです。ところが、稀に1つの殻斗に複数個の堅果が入ったものに出逢うことがあります。これらのドングリは、殻斗の元になる器官に複数個の雌花が咲いて結実したものです(図3-B参照)。このHPでは、コナラ属で1つの殻斗に2個以上の堅果が入ったものを、便宜上多果ドングリと命名します(***)。そして、殻斗の元になる器官に2個の雌花が咲いて2個とも結実したものを2果のドングリ、3個の雌花が咲いて3個とも結実したものを3果のドングリと表現します。
 因みに、コナラ属以外のドングリ、即ちクリ属、ブナ属、シイ属(****)、マテバシイ属
(*****)のものは、全て1つの殻斗に1個乃至複数個の堅果が入った多果ドングリです。
* 一般の書物には、ブナ科の雌蕊(クリ属は除く)は3枚の心皮から成ると記載されていますが、実際の雌蕊は、少ないもので2枚(単一雌蕊は除く)、多いものだと5枚(極稀に5枚以上)の心皮で構成されているので、雌花によって子室の数は2〜5個、胚珠の数は4〜10個のバラツキがあります。詳細は、セクション14を参照願います。
** セクション3-2-3-1を参照願います。
*** このHPでは、便宜上、殻斗の元になる器官に咲いた1個の雌花が結実した典型的なドングリを多果に対して単果と命名します。
**** 国産のスダジイやツブラジイのドングリは、1つの殻斗に1個の堅果が入ったものが普通ですが、外国のシイ属のドングリは1〜3個の堅果が入ったものが一般的です。
***** マテバシイ属のドングリの殻斗は、複数個の殻斗が合着しているわけではありません。セクション25を参照願います。

 このセクションでは、これまで私が調査してきた多果ドングリに関する生態や形態についてご紹介します。
3-1-1. 多果ドングリの形態の特徴
3-1-2. 多果ドングリの世界
3-1-3. 多果ドングリの形態のバリエーション
3-1-4. 多果ドングリの形態を決める要素
3-1-5. 多果の花からドングリへ
3-1-6. 多果ドングリの雌花と幼果