3-1.  多果ドングリ  

(注) クリ属、ブナ属、マテバシイ属のドングリは、全て1つの殻斗の中に複数個の堅果を包含した多果ドングリです。このセクションでは、これら以外の種類で、稀に多果ドングリを発現するコナラ属やシイ属のドングリを取り上げます。
 コナラ属やシイ属の典型的な雌花序は、1つの総苞(殻斗になる部分)が1つの雌蕊を包含した構造になっています。花被(花床)で覆われた雌蕊の子房は、通常3つの子室から構成されており、それぞれが種子の元になる胚珠を2個づつ包含していますので、1つの子房の中には計6個の胚珠が存在することになります(図3-1-1参照)(*)

 これらの胚珠が全て成長すると、1つの堅果の中に最大で6個の種子が形成されることになりますが、普通は1つの胚珠だけが成長して残りは退化消滅します。ただ、稀に複数の胚珠が同時に成長して、1つの堅果の中に複数個の種子をもったドングリが誕生することがあります
(**)

 森林や公園などで我々が普通に目にするコナラ属やシイ属のドングリは、そのほとんどが1つの殻斗に1つの堅果が入ったものです。ところが、稀に1つの殻斗に複数個の堅果が入ったものに出逢うことがあります。
 これらは、1つの総苞の中に複数個の雌蕊のある雌花序が実を結んだものです(図3-1-2参照)。2果のドングリの場合は、1つの総苞の中に2つの雌蕊、3果のドングリの場合は3つの雌蕊といった具合です。このHPでは、便宜上これらのドングリを多果ドングリと総称します
(***)
   * 一般の書物には、ブナ科の雌蕊(クリ属は除く)は3枚の心皮から成ると記載されていますが、実際の雌蕊は、少ないもので2枚(単一雌蕊は除く)、多いものでは5枚(極稀に5枚以上)の心皮から構成されています。ですから、個体毎に子室の数には2〜5個、胚珠の数には4〜10個のばらつきがあります。詳細は、セクション8の雑記81〜85を参照願います。
  ** どんぐり村のHP [ http://dongurimura2002.cocolog-nifty.com/koro/cat5673239/index.html ] に、1つの雌蕊の中にある4つの胚珠が同時に成長した “4つ子のアマミアラカシ” が掲載されています。珍しい事例だと思いますので、興味のある方はぜひ御覧下さい。なお、このHPは相互リンク不可なので、前記アドレスに直接アクセス願います。
*** このHPでは、便宜上、1つの総苞に中に1つの雌蕊をもった典型的なドングリを多果に対して単果と総称します。

 このセクションでは、これまで私が調査してきた多果ドングリに関する生態や形態のバリエーションについてご紹介します。
3-1-1. 多果ドングリの形態の特徴
3-1-2. 多果ドングリの世界
3-1-3. 多果ドングリの形態のバリエーション
3-1-4. 多果ドングリの形態を決める要素
3-1-5. 多果の花からドングリへ
3-1-6. 多果ドングリの雌花と幼果