3-1-1. 多果ドングリの形態の特徴

 コナラ属の多果ドングリは、大きく分けて以下の3つの形態に分類できます(図3-1-1-1参照)。
    タイプT. 1つの殻斗が、複数個の堅果を個別に包含した形態
    タイプU. 1つの殻斗が、分離した複数個の堅果をまとめて包含した形態
    タイプV. 1つの殻斗が、合着した複数個の堅果をまとめて包含した形態


 図3-1-1-1に示す3つのタイプの中で、タイプVのものを例に挙げて、多果ドングリの特徴を以下にまとめます。

タイプVの2果の堅果の特徴

 図3-1-1-2は、ツクバネガシの同じ個体から採集したタイプVの5つの堅果です。これらは、全て2つの堅果がへその一端で重なるように繋がっています。また、2つの堅果の内の大きい方の堅果が、小さい方の堅果に寄り添うようにして弓形に曲がっています。

 さらに、図3-1-1-3は図3-1-1-2の左端にある堅果を拡大したものですが、大きい方の堅果の表面には2つの堅果が合着した箇所から首に至るまでの果皮がケロイド状に変質しています。この変質は、図3-1-1-2にある全てのドングリの2つの堅果が合着した周辺部に見られます。

タイプVの2果の殻斗の特徴
 図3-1-1-4は、図3-1-1-2にある右端の2果の堅果から取り外した殻斗を内側から見たところです。殻斗と堅果が維管束を通して繋がっていた部分には、包含していた堅果の数だけ離層の痕跡が見られます。また、2つの堅果がへその一端で重なるように繋がっていたことがこの痕跡からも窺えます。