3-1-3. 多果ドングリの形態のバリエーション

 セクション3-1-1では、コナラ属の典型的な多果ドングリの形態について説明しましたが、このセクションではより複雑な形態のバリエーションをご紹介します。

 シラカシはコナラ属の中でも、とりわけ高い頻度で多果を発現します
(*)。但し、多果の雌花や幼果は珍しくないのですが、結実することは稀です。

 兵庫県三田市にある深田公園には100体以上のシラカシが植栽されています。同園の個体は、多果を発現しやすいものが多く、とりわけその中の数体は、これまでに不定期ながら数100個もの多果ドングリを結実した実績があり、量もさることながら、他の個体のものとは比較にならないぐらい形態のバリエーションが豊かです。

 2006年以来これらの個体で採集してきた多果ドングリ(結実したものと、それに準ずる大きさまで成長したもの)を分類整理したことで、シラカシの多果ドングリの形態の全貌が明らかになりました。
 * シラカシ以外のコナラ属では、ツクバネガシ、アカガシが多果を発現しやすい傾向があります。

 多果ドングリの殻斗の形態に着目しながら、統合型、分離型、またはそれらの複合名称を使うことで、2果のドングリ(計:240個)を5種の形態、3果のドングリ(計:185個)を15種の形態に分類しました。
A. 2果のドングリの形態一覧(全5種類)


(注1) Type 5の紐状殻斗が多果の形態の1つであることについては、セクション3-1-4の4項を参照願います。

B. 3果のドングリの形態一覧(全15種類)


(注2) Type 6、9、12、15の紐状殻斗が多果の形態の1つであることについては、セクション3-1-4の4項を参照願います。

(補記)

・ 図3-1-3-1や図3-1-3-2において、複数の堅果をまとめて包含した殻斗を統合型殻斗、複数の堅果を個別に包含した殻斗を分離型殻斗と称します。


・ 多果ドングリの殻斗には、一見すると図3-1-3-1や図3-1-3-2の範疇に属さないと思われるような形態のものが幾つか存在します。それらの異形殻斗については、セクション17にまとめてます。

・ 1つの殻斗が2個の堅果を包含したものが2果のドングリなので、図3-1-3-1にあるType5のような堅果を1個しか包含しないものは厳密に言うと単果です。ただ、ここでは開花から結実に至るまでに消滅した堅果も含めて2果のドングリとして分類しています。3果のドングリについても同様です。