15. 究極の多果ドングリを求めて

 多果ドングリ(*)とは、殻斗の元になる器官に複数個の雌花が咲いて結実したもので、1つの殻斗の中に複数個の堅果を包含した奇妙な形をしています。
   * セクション3-1を参照願います。
 中生代の白亜紀から新生代にかけて、ブナ科の祖型からコナラ亜科とクリ亜科が分化したばかりの頃には、コナラ属でも1つの殻斗の中に3個の堅果をもつ多果ドングリが普通に存在していました。しかしながら、コナラ属が誕生してから長い年月を経て殻斗の元になる器官に咲く雌花が退化減数し、現在では1個の雌花が咲いて結実した単果がコナラ属の標準的なドングリの形態になりました。

 このように、今ではあまり目にすることがなくなった多果ドングリですが、2007年頃に私は変形ドングリ ” 変形くん ”(**)に見られる多果の発現した痕跡を元に、コナラ属でも1つの殻斗に6個の堅果を包含したドングリが存在することを予想しました
(**)。そして、それ以来様々な角度から探索を続けてきた結果、私が予想した通り、4〜6果のドングリを見つけることに成功しました。
 このセクションには、他では決して見ることが出来ない貴重なデータや写真が満載です。ドングリに興味のある方は、ぜひ一度ご覧になってみて下さい。
  ** 変形ドングリ “ 変形くん ” については、セクション3-2-1を参照願います
15-1. 変形ドングリに見られる多果の痕跡
15-2. 4果以上の多果ドングリの探索
15-3. 4果のドングリの形態のバリエーション
15-4. 5果のドングリの形態のバリエーション
15-5. 6果のドングリの形態のバリエーション
15-6. 4果以上の多果ドングリの雌花と幼果

(注) このセクションに掲載している写真やデータについては、一切の転載を許可しておりません。