3. 樹皮
 オキナワウラジロガシ幹径は大きなものになると1mに達しますが、久米島では30cm前後の個体が主でした。典型的なオキナワウラジロガシの樹皮には、縦方向に小さな皮目が並び、地衣類の付着が見られました(図24-C-1参照)。本土に自生するウラジロガシの樹皮と形態がよく似ており、樹皮を見ただけで両者を識別するのは難しそうです。

 図24-C-2に、幹径の異なる4つの個体の樹皮を示します。幹径が大きいものほど樹齢が高いことを想定していますが、これらの関係は生育環境や個体によって左右されるので、あくまで目安と考えて下さい。樹齢を重ねても樹皮は比較的滑らかでしたが、幹径が50cm前後のものは皮目が顕著で、表面がザラザラしていました。