1. 堅果を統合/分離する殻斗

 2果のドングリの殻斗には、1つの殻斗が2個の堅果をまとめて包含した堅果統合型殻斗と、2個の堅果を1個ずつ分けて包含した堅果分離型殻斗の2つのタイプがあります(図3-1-4-1参照)。両者の発現率を比較すると、多くの個体では前者のタイプが後者のタイプを上回っていますが、同程度の発現率の個体も少なからずあります。また、稀に後者のタイプが優勢な個体
(*)もあります。
* セクション8の雑記073を参照願います。

 
 これらの2つのタイプの殻斗が発生する要因として、殻斗の元になる器官に咲いた2個の雌花の位置関係が関与していると私は考えています。

 図3-1-4-3は、開花後1.5ヶ月が経過した2果の幼果の高さ方向の切断面です。堅果統合型殻斗をもつ幼果では、2個の幼堅果の間の距離が近接しているので、その間にこれらを分離する殻斗の仕切りが成長するスペースがありません。
 一方、堅果分離型殻斗をもつ幼果では、堅果統合型殻斗をもつ幼果に比べて2個の幼堅果の間が少し離れているので、この隙間を通して殻斗の仕切りが大きく成長しています。

 これは幼果の切断面ですが、たぶん雌花序でも2個の雌花の間の距離にも同じような違いがあるものと推測します。

 参考までに、私が考える堅果統合型殻斗と堅果分離型殻斗の雌花序の構造を模式図にまとめておきます(図3-1-4-4参照)。