24. オキナワウラジロガシの世界

 オキナワウラジロガシは、日本に自生するドングリの樹の中で最も大きなドングリを結実します。大きな殻斗を被った堅果は、我々がイメージする典型的なドングリの姿そのものであり、その愛らしさと掌に載せた時の重量感は数あるドングリの種類の中でも格別です。ただ、オキナワウラジロガシは世界中でも日本の沖縄本島を含む6つの島にしか自生しておらず、しかもそれらの多くは密林の中でしか見ることができないので、生態についてはあまり知られていない点が多いように思われます。

 このセクションでは、久米島におけるオキナワウラジロガシの生態について現地で調査した結果を紹介します。下記の項目別マップのアイテムをクリックすれば、各々の内容が御覧になれます。なお、久米島での調査は現在も進行中であり、今後の調査で新たな知見が得られるたびに改訂更新していきます。

* オキナワウラジロガシの花については、今後追加する予定です。


<関連記事>
・ セクション8 “ 雑記206 : 久米島ドングリ探検ツアー ”
・ セクション8 “ 雑記215 : 庭に捨てたドングリの中から... ”
・ セクション8 “ 雑記245 : 第2回 久米島ドングリ探検ツアー 前篇 ”
・ セクション8 “ 雑記247 : 第2回 久米島ドングリ探検ツアー 中篇 ”
・ セクション8 “ 雑記249 : 第2回 久米島ドングリ探検ツアー 後篇 ”
・ セクション8 “ 雑記250 : 渦を巻いた殻斗はNGなの? ”

(注) データ等の無断転載はご遠慮下さい。