8. 大きな苞葉 その2

 同セクションの3項で、アラカシの幼果の腋に成長した大きな苞葉について紹介しました。但し、大きく成長したと言っても葉身はせいぜい4〜5mm程度でした。ところが、大阪府立大学 [ 所在地 : 大阪府堺市 ] にあるナラガシワで、幼果の腋に葉身が30mmもある立派な苞葉を見つけました。(図21-8-1参照)。

 この苞葉がある果軸を切除して拡大したものが図21-8-2です。ナラガシワの普通葉とは比較にならない小さなものですが、鋸歯が無い点を除くと、葉の表裏は普通葉と全く同じ質感でした。