7. 先端部が複数に分岐した雄花軸

 風にそよぐクヌギの雄花軸(尾状花序)の中に、通常よりも若干太めのものが目につきました(図21-7-1参照)。よく見ると、それらは花軸の先端部が複数に分岐していました。この図にある雄花軸だけでなく、同じ個体の他の雄花軸にも類似した形態のものが幾つか見られました。

 1本の花軸に、より多くの雄花を咲かせるという意味では斬新な構造かもしれませんが、分岐した花軸どうしが絡まりあって、返って花粉が飛散しにくいという問題は無いのでしょうか?