6. 雌花序軸の先端に現れた新梢

 普通、マテバシイの雌花序軸は先端付近に密集する雄花序が枯れ落ちた状態で終端します。ところが、その先端部分から新梢を伸ばしている雌花序軸を見つけました。これは非常に稀なケースだと思います。

 因みに、この現象が見られたマテバシイは、春と秋の年に2回開花する個体です。新梢には、2013年の春ではなく秋に開花した雌花序軸が見られました。また、新梢が出現した雌花序軸は、2012年の春か秋に開花したもので、軸上にある幼果はどれも熟していませんでした。