5. 雌花序がない雌花軸

 アラカシやシラカシでは、新枝の先端付近の葉腋から穂状の雌花軸が立ち上がり、根元付近の葉腋から尾状の雄花軸が垂下しているのが一般的です。
 
 そのシチュエーションに従って判断すると、図21-5-1にある花軸は雌花軸のはずですが、実際に咲いているのは雄花だけです。

 このように雄花しか咲いていない雌花軸は、多果の雌花や両性花(*)を大量に開花する個体で稀に目にすることがあります。

* 外観上、雄蕊と雌蕊のあるものを両性花と呼んでいますが、生殖機能を有しているのは雌蕊か雄蕊のいずれか片方のみです。