4. 雄蕊が一つしかない雄花序

 シラカシに限らず、ブナ科の花軸に咲く雄花は、円形状の苞の中に複数個の雄蕊を包含したものが一般的です(図21-4-1参照)。

 ところが、稀に苞の中に1つしか雄蕊をもたない雄花序を目にすることがあります。私が同様の形態のものを目撃したのは全て雌花軸であり、雄花軸では一度もありません。

 さらに、こういう形態の雄花が存在するのは、多果の雌花や両性花(*)を大量に開花する個体に限定されます。

* 外観上、雄蕊と雌蕊のあるものを両性花と呼んでいますが、生殖機能を有しているのは雌蕊か雄蕊のいずれか片方のみです。