4. 雄蕊が一つしかない雄花序

 シラカシに限らず、ドングリの樹に開花する雄花序は、円形状の苞の中に複数個の雄蕊を包含した形態が一般的です(図21-4-1参照)。

 ところが、稀に苞の中に一つしか雄蕊をもたない雄花序を目にすることがあります。私がこの様な形態のものを目撃したのは、全て雌花序軸上であり、雄花序軸上では一度もありません。

 さらに、この様な形態が見られるのは、多果の雌花序や両性花(*)を大量に開花する個体に限定されています。

* 外観上、雄蕊と雌蕊のあるものを両性花と呼んでいますが、普通の両性花の様に、どちらも生殖機能を有しているかどうかは不明です。