3. 大きな苞葉 その1

 雌花の腋にある苞葉は、殻斗の元になる器官の高さと同じぐらいの大きさで、あまり目立つ存在ではありません。ところが、稀に雌花よりも大きな苞葉が、雌花に貼り付いた姿を目にすることがあります(図21-3-1参照)。

 普通、大きな苞葉でも開花から1ヶ月も経てば枯れ落ちてしまいますが、図21-3-2にあるアラカシで見つけたものは、1ヶ月が経過しても枯れるどころか、むしろ成長しているように見えました。
 
 実体顕微鏡で写真撮影する為に、花軸ごと採集してしまったので、この苞葉がその後成長するのかどうか見極めることは出来ませんでしたが、もしも採集しないでそのまま放置しておけば、ヘタの部分に小さな葉っぱが付いたミカンの果実の様に、葉っぱ付きの可愛らしいドングリが誕生していたかもしれないと思うと、ちょっぴり残念でなりません。