13. 果軸の根元に立つ幼果 その2

 12項で紹介したように、果軸の根元に立つ幼果はアラカシやシラカシでは稀に目にすることがありますが、それ以外の樹種ではまず見られません。図21-13-1は珍しいコナラの事例です。

 このコナラは春から秋にかけて断続的に開花する個体ですが、多果を発現しやすい点において12項のアラカシやシラカシの個体と共通しています。


(追記)
 アラカシやシラカシでは、果軸の根元に立つ幼果が結実したのを見たことがありませんでした。でも、このコナラには結実したものがいくつか見られました。図21-13-2はその一例です。