13. 果軸の根元に立つ幼果 その2

 12項で紹介したように、アラカシやシラカシでは稀に目にすることがありますが、それ以外の樹種ではまずお目にかかることはありません。図21-13-1は、極めて珍しいコナラの例です。

 このコナラは、春から秋にかけて断続的に開花する個体ですが、多果を発現しやすい点について12項のアラカシやシラカシの個体と共通しています。