12. 果軸の根元に立つ幼果

 幼果は果軸の先端から全体の2/3ぐらいまでに着くのが普通ですが、稀に果軸の根元に立つ姿を目にすることがあります。私がこの現象を目撃したのはアラカシとシラカシですが、それらの個体にはどれも多果を発現しやすいという共通点がありました。図21-12-1はシラカシ、図21-12-2はアラカシにおける目撃例です。