1. 雌花序軸から分岐した雌花序軸

 マテバシイの雌花序軸で、軸の途中から分岐して新たな雌花序軸が伸長しているものを見つけました(図21-1-1参照)。

 分岐している雌花序軸の根元には、苞葉の様なものがあります(図21-1-2参照)。

 花序軸は茎の様なものですから、分岐していても不思議では無いのかもしれませんが、マテバシイの穂状花序でこのような形態のものを目にすることはほとんどありません。

 一方、マテバシイで見たものと同様の形態を、スダジイの雌花序軸でも見つけました(図21-1-3参照)。

 マテバシイの場合とは少し違っており、分岐した雌花序軸の根元には苞葉の代わりに2つの雌花序があります(図21-1-4参照)。