20-2. クヌギ アベマキ

 
 国内に自生する樹木で最も大きなドングリを結実するのはクヌギとアベマキです。これらのドングリは、堅果の外観から両者を100%識別することはまず無理でしょう。ですが、クヌギとアベマキの堅果にはそれぞれ特徴があり、中には一方の種類にしか見られない固有の形態も存在するので、それらのポイントに着目しながら注意深く観察していると、かなりの高確率で識別出来るようになります。

 両者を識別するポイントはへそと花柱(厳密には、首から先の突出した部分全体を指す)の形状にあります。ここでは、これらの形状を具体的な数値を使って表現する為に、堅果の各部位を図20-2-2のように分割して記号化しています。各々の記号の意味は、同図の右側に記載した通りです。

 クヌギとアベマキの堅果の特徴について統計的なデータを収集する為に、289本のクヌギと140本のアベマキから1個づつ採集したドングリを検体として使用しています。形態の偏りを排除する為に、両者とも京阪神地区にある数十箇所の公園や緑地から出来る限り色々なサイズのものを集めています。検体の大きさの目安となる堅果長(=H1)と堅果幅(=W1)は図20-2-3にある通りです。横軸はH1、W1のスケール、縦軸は各々のスケールをもつ堅果の数量を表しています。

 両者とも同数の堅果を収集して評価すべきですが、比較的他府県よりも多くのアベマキが植栽されている京阪神地区でもその数量や場所は限られている為、アベマキはクヌギの半数程度の検体数になっています。この数量差を補う為に、両者の数量を比較する場合は、必要に応じてアベマキの数量に係数 [ (クヌギ検体総数)/(アベマキ検体総数)=2.06 ] を乗じています。


 以上の点を踏まえた上で、へそと花柱の形状に着目したクヌギとアベマキの識別方法を紹介します。各ポイントの表示をクリックすれば内容が御覧になれます。
Point1. へそによる識別方法
Point2. 花柱による識別方法
(識別上の注意事項)

・ 上記のポイントに従ってクヌギとアベマキの堅果を識別する際には、花柱の形態よりもへその形態を上位の識別対象と見做して下さい。理由は、へそ長が長いクヌギの堅果には花柱長が長いものが多く含まれる為、前者を上位にすると両者の識別が困難になるケースが出てくるからです。

・ 各々のポイントに記載している数値は絶対的なものではありません。あくまで、このセクション内で取り上げた検体における数値であり、より多くの個体を対象とした場合には必ず例外が存在することを了承願います。