シラカシ( Quercus myrsinaefolia )

(シラカシの果軸の様子)
 枝先から3〜5節下方にある葉腋まで、長さ30〜50mmの果軸が複数本立ちます(図28-4-1参照)。1本の果軸には、普通1〜6個のドングリが結実します。

 国産のコナラ属の樹種の中でも、シラカシの果軸は最も長く、1本当たりの着果数も最多です。果軸は長いものになると70mm前後もあり、そこに10〜15個の幼果が着きます(図28-4-2参照)。


(豊作年のシラカシの結実の様子)
 一般に、コナラ属の中でもアラカシとシラカシは生りのいい個体が多く、秋には樹上全体に万遍なくたくさんのドングリが結実している様子がよく見られます(図28-4-3参照)。


(群れをなすシラカシの結実の様子)
 特に生りがいい個体では、樹上の要所要所にドングリが群れをなす姿が見られます(図28-4-4〜図28-4-8参照)。因みに、アラカシやシラカシではそれほど珍しい光景ではありません。