アベマキ( Quercus variabilis )

(アベマキの果軸の様子)
 新枝とその前年の枝に、長さ10mmに満たない短い果軸が複数本立ちます(図28-3-1参照)。1本の果軸には普通1個、乃至2個のドングリが結実します。


(典型的なアベマキの樹上の様子)
 1個、乃至2個のドングリがペアになって枝につく姿が一般的です。


(豊作年のアベマキの結実の様子)
 個体によって様々ですが、樹上のあちらこちらに3〜4個のドングリが枝に群集した姿を目にします。



(群れをなすアベマキの結実の様子)
 結実状況が極めて良好な個体では、稀に6個のドングリが枝に群集した姿を目にします。遠目には、枝が大きな殻斗の塊を串刺しにしているように見えます。このシチュエーションはアベマキではとても珍しいのですが、アベマキとよく似たドングリを結実するクヌギでは、ごく普通に見られる光景です。



(3個のドングリが結実した果軸)
 枝に群集したドングリの中には、極めて稀に3個のドングリが結実した果軸が見られます(図28-3-8参照)。因みに、図28-3-7の群集した6個のドングリの中で、右側にある3個は1本の果軸に結実したものです。