2. アベマキ

 クヌギのドングリに見られる模様は、アベマキでも同じように見られます。
(典型的なアベマキのドングリ)


(薄っすらと黒い縦縞や斑点があるドングリ)
 薄っすらとした黒い縦縞や斑点があるものは、クヌギよりもアベマキの方が多いように思われます。


(縦に細かい溝があるドングリ)
 このように、細かい溝が入ったドングリは、アベマキではちょっと珍しいかもしれません。


(縦に茶色と橙色の縞模様があるドングリ)
 アベマキのドングリの中でも、かなり特殊な模様だと思います。京阪神には、クヌギと同程度にたくさんのアベマキが植栽されていますが、このような鮮明な縦縞模様が確認できたのは、緑ヶ丘公園 [ 所在地 ; 兵庫県伊丹市 ] の個体だけです。残念ながら、この縦縞は果皮の退色が進むにつれて跡形もなく消失してしまいます。