5-1. ドングリを撮影しよう

 生命あるものをありのままの姿形で保存することは不可能ですから、私は落下したばかりの瑞々しいドングリの姿を写真に残すようにしています。ドングリを撮影するのに、高級なカメラや撮影上のテクニックは必要ありません。スキャナーの台にドングリを載せて走査するだけで、簡単に、そして美しくドングリを撮影することが出来るのです。

 CCD方式のスキャナー(図5-1-1参照)は被写界深度が深いので、直径が25〜30mm程度のドングリ(被写体の半面だけが撮影されるので、奥行きは直径の約半分になります)であれば、全体像を鮮明に撮影することが出来ます。
 撮影した写真は、パソコン用の画像処理ソフト(図5-1-2参照)を使ってデータ処理することで、キズやゴミの無い美しいものに仕上げることが出来ます。
 また、ドングリのそばに定規を置いていっしょに走査することで、採集したドングリの実寸法も記録することが出来ます
(*)
* ドングリは必ずスキャナーの台の中央付近において走査して下さい。ドングリを置く場所が台の中央から離れるにつれて、実寸法からのズレが大きくなります。

 このようにして、私は採集した当日に撮影した写真に、採集期、採集場所等を記入したファイル形式でデータを整理保存しています(図5-1-3参照)。