A. トゲガシ属の取扱いについて
 Formanがマテバシイ属の殻斗を複数の雌花の基部に存在する複数の殻斗の元になる器官が変化したものとしたことには、もう一つ大きな理由があったと思われます。

 トゲガシ属は、殻斗の中に1〜3個の堅果を包含していますが、隣接する堅果の間には殻斗による仕切りがあります。これは他の種属の典型的なドングリには見られない特異な形態です。Formanにとってマテバシイ属とその元になる祖型の殻斗を複数の雌花の基部に存在する複数の殻斗の元になる器官が変化したものと仮定して、殻斗が堅果を分離した構造から統合した構造に進化する系統図を描くのに、その中間構造であるトゲガシ属の存在が打ってつけだったんでしょう。

 ただ、多果ドングリを詳細に調査してきた私としては、Formanのトゲガシ属の解釈には残念ながら賛同できません。それは、現存するコナラ属の多果ドングリの中に、堅果を統合して包含するタイプ(堅果統合型殻斗)と分離して包含するタイプ(堅果分離型殻斗)が混在していることからも明らかです。それでは、殻斗の中にある堅果を分離する仕切りは、どういう理由で形成されるのでしょうか。

 多果を大量に発現するシラカシについて、開花して間もない幼果(多果)の断面を見ると、雌蕊の間隔が異なるものが混在しています(図25-2-1参照)。
 多果を大量に発現するシラカシでは、堅果統合型殻斗の多果ドングリ、もしくは堅果分離型殻斗の多果ドングリの何れか一方のみを結実するものが多く、そういう個体では雌蕊の間隔に大きな差は認められないのですが、両者を混在して結実する個体ではこの差が明確に現れます。これらの状況から、雌蕊間の距離が仕切りの発生に大きく関与していると私は考えます。

 図25-2-2に、2果のシラカシのドングリについて殻斗の内側に全く仕切りが無いもの(堅果統合型殻斗)や仕切りの大きさが異なるもの、そして殻斗によって完全に堅果が分離されたもの(堅果分離型殻斗)を並べます。左側にいくほど雌蕊間の距離が短くなり、右側にいくほど長くなると考えています。この図の中で右端から2番目にある仕切りの状態が、ちょうどトゲガシ属のものと合致するのではないでしょうか。因みに、雌蕊間の距離が限りなくゼロに近づくと、2つの雌蕊は一つの花床(花被)によって統合されるので、左端のような2つの堅果が一体化したドングリが誕生します。

 以上のデータから、殻斗の内側にある仕切りは進化とは無関係であり、殻斗が堅果を分離した構造から統合した構造に進化するというFormanの仮説は妥当ではないと考えます。