@. マテバシイ属の取扱いについて
 マテバシイ属のドングリは、複数の殻斗が合着したような特異な形をしています。一つ一つの殻斗の形はコナラ属のものとそっくりですが、複数個の殻斗が一体化したような姿は、たぶん誰が見ても合着しているとしか思えないでしょう。実際、果軸に結実したマテバシイ(マテバシイ属)のドングリをシラカシ(コナラ属)のものと比較してみると、両者は全く別物に見えます(図25-1-1 左図参照)。

 ところが、コナラ属でも太古の形質を現在に残した多果ドングリが結実した果軸と比較すると、両者の印象は全く違ったものになります。コナラ属の中でもシラカシは特異な存在であり、他の樹種とは比較にならないぐらい多果の発現率が高く、個体によっては数万個もの多果を発現するものもあります。
 図25-1-1の右側の図は、多果を大量に結実するシラカシの個体から摘出した果軸ですが、これをマテバシイのものと比較してみると、基本的な果軸と果実の形態がそっくりであることが判ります。

 また、一般のコナラ属には見られないマテバシイ属の果軸の特徴として、雌花軸の先端付近にある雄花の存在が挙げられます。これについても、多果を大量に発現するシラカシの個体では、雌花軸の先端付近にごく普通に雄花が開花している様子が見られます(図25-1-2参照)。

 さらに、果軸と果実が接合している部分に着目すると、マテバシイでは複数の殻斗が合着していると考えられているにも関わらず、合着していない単体の殻斗と3つの殻斗が合着したように見える殻斗で接合部分の面積はほとんど変わりません。この点も、シラカシの果軸について単果と3果の接合部分を比較した結果と全く同じです(図25-1-3参照)。

 最後に、成熟したドングリの形態を比較してみます(図25-1-4参照)。マテバシイのドングリは、殻斗が一つ一つの堅果を分離して包含する形態が一般的です。一方、シラカシの多果ドングリは、複数の堅果を統合して包含するタイプ(堅果統合型殻斗)と一つ一つを分離して包含するタイプ(堅果分離型殻斗)があります。シラカシの多果ドングリに見られる形態差は、これらを結実する個体に依存します。因みに、マテバシイでも個体によっては複数の堅果を包含するタイプがありますが、それらは極めて稀です。

 コナラ属の多果ドングリを目にしたことが無ければ、マテバシイ属とコナラ属の典型的なドングリは別物と考えるのが普通ですが、図25-1-4の右側にあるシラカシの多果ドングリ(堅果分離型殻斗)を見れば、両者が基本的に同じ形態であることは敢えて説明するまでもないでしょう。

 以上のデータから、典型的なマテバシイ属の殻斗とコナラ属の多果の殻斗は基本的に同じものであり、いずれも花軸にある殻斗の元になる器官(これまで総苞と呼ばれていた部分)の上に1つ乃至複数の雌花が咲き、殻斗の元になる器官が個々の雌花の形態に応じてそれらをうまく包含できるようにフレキシブルに変化するので、恰も複数の殻斗が合着したように見えているだけだと私は考えています(*)

* 殻斗の元になる器官が花ではなく花軸に属するものであることは、セクション8の雑記257で実証済です。