コナラQuercus serrata )
 花期

 通常、コナラは4〜5月に開花します(図22-4-1参照)。ところが、4〜5月に開花した後、11月にかけて断続的に開花する個体が存在します(図22-4-2〜図22-4-4参照)。これらの個体は、京阪神の随所でこれまでに計15体も確認しています。

 何れの個体も、樹から少し離れたところから見てはっきりと判るぐらいたくさんの花を咲かせます(図22-4-5参照)。


 花序形態

 4〜5月に咲く花は、雄花軸と雌花軸が明確に区別出来ます(図22-4-6参照)。雄花軸は茎から垂下する細長い尾状花序で、雌花軸は茎の先端付近にある葉腋から立つ10mm前後の短い穂状花序 [ 雌花序 : 1〜3個程度 ] です。

 
 一方、11月にかけて咲く花は、通常のものとは全く形態が異なります(図22-4-7参照)。それらは長さが10〜30mmの穂状花序で、そこには雌花、雄花、そして両性花が混在しています。ですから、通常の花軸のように雄花軸と雌花軸を明確に区別することは出来ません。因みに、雌花と両性花は11月まで断続的い咲き続けますが、雄花は8月以降でないと咲きません。

 4〜11月にかけて咲く花の出現形態には2つのタイプがあります。1つは、4〜5月に開花した後に形成された頂芽から、11月にかけて普通葉を伴わない茎だけが伸長し、そこに複数本の花軸が立ちます。もう1つは、4〜5月に開花した後に形成された腋芽から、11月にかけて複数本の花軸が立ちます(図22-4-8参照)。これらの花軸は、11月まで断続的にラマスシュート(*)を通して繰り返し何度でも現れます。
* ラマスシュート : 開花後、休眠期間をおかずに茎頂に形成された冬芽から伸長するシュート

 果期

 11月にかけて断続的に咲く雌花(もしくは両性花)は、直径が4〜5mm程度の幼果に成長します(図22-4-9参照)。但し、複数の個体について2年間観察してきましたが、開花してから3ヶ月前後で果軸が枯死してしまうので、幼果がそれ以上大きくなることはありません。