ウバメガシQuercus phillyraeoides )
 花期

 通常、ウバメガシは4〜5月に開花します(図22-2-1参照)。ところが、中には8〜10月に再び開花する個体が存在します(図22-2-2参照)。

 ウバメガシは京阪神の公園や緑地は勿論の事、住宅の生垣等にもたくさん植栽されていますが、これまでに8〜10月に開花しているのを確認したのは、服部緑地公園 [ 所在地 : 大阪府豊中市 ] と山田池公園 [ 所在地 : 大阪府枚方市 ] にある3つの個体だけです。

 何れの個体も、通常の開花時には新枝を覆い尽くす程たくさんの花を咲かせますが、8〜10月にはせいぜい10本前後の新枝に、僅かばかりの開花が見られる程度です(図22-2-3参照 : 黄色枠で囲んだ部分のみ)。


 花序形態

 4〜5月に咲く花は、雄花軸と雌花軸が明確に区別出来ます(図22-2-4参照)。雄花軸は茎から垂下する細長い尾状花序で、雌花軸は茎の先端付近にある葉腋から屹立する10mmに満たない小さな穂状花序 [ 雌花序 : 1〜3個程度 ] です。

 
 一方、8〜10月に咲く花は、通常のものとは全く形態が異なります(図22-2-5、図22-2-6参照)。それらは長さが20〜60mmの穂状花序で、そこには雌花、雄花、そして両性花(両性形態の花)が混在しており、春咲の花軸のように雄花軸と雌花軸を明確に区別することは出来ません。

 8〜10月に咲く花の出現形態には2つのタイプがあります。1つは、春に開花した後、茎頂に形成された頂芽から8月以降に伸長したラマスシュート(*)に複数本の花軸が立ちます(図22-2-5 : タイプT参照)。もう1つは、同じく茎頂に形成された腋芽から、8月以降に普通葉を伴わない茎だけが伸長し、そこに複数本の花軸が立ちます(図22-2-6 : タイプU参照)。
 これらの中で、タイプTの花軸には雄花、雌花、両性花が混在していますが、タイプUのものには雄花しか存在しません。
* ラマスシュート : 開花後、休眠期間をおかずに茎頂に形成された冬芽から伸長するシュート

 果期

 8〜10月に咲いた雌花(もしくは両性花)は、翌年の4月頃まで順調に成長します(図22-2-7参照)。但し、該当する個体で毎年観察していますが、夏を迎える前にこれらの幼果は果軸ごと脱落してしまうので、その年の秋に結実することはありません。