マテバシイLithocarpus edulis )
 花期

 通常、マテバシイは5〜6月に開花します。ところが、5〜6月に開花した後、9〜11月に再び開花する個体が存在するんです(図22-1-1参照)。

 特定の地域で同じような環境下に植栽された400体余りを対象に調査した結果、全体の3%以上の個体が9〜11月に開花しているのを確認しました。この数値は、この時期の開花が偶然ではないことを示しており、マテバシイは種として年に2度開花する能力を潜在的に保持しているものと考えられます。

 9〜11月の開花の様子は個体によって異なりますが、樹頂付近に集中している場合が多いので、注意深く観察しないと開花していることに気づきません(図22-1-2参照)。

 9〜11月に開花を確認した個体数は、これまでに兵庫県と大阪府の計6個所で80体を超えます(2014年10月現在)。

 花序形態

 9〜11月に咲く花は、5〜6月にかけて咲くものと外観上は全く同じで、5〜6月に開花した後に形成された頂芽から、8月以降に伸長したラマスシュート(*)に付随した形で出現します(図22-1-4参照)。
* ラマスシュート : 開花後、休眠期間をおかずに茎頂に形成された冬芽から伸長するシュート

 果期

 マテバシイは2年成なので、5〜6月に咲いた花は翌年の9〜11月に実を結びます。同じ個体で5〜6月に咲いた花と9〜11月に咲いた花が結実する時期を比較すると、後者には約半月〜1ヶ月程度の遅れが生じます。

 果実形態

 両者のドングリの形態を比較すると、ほとんどの個体では差が認められません(図22-1-6参照)。 但し、中には9〜11月に咲いた花の果実の方が、胴回りの直径がやや大きいケースも見られます(図22-1-7参照)。