3-2-1. 変形ドングリ “ 変形くん ” の謎にせまる 

 ドングリが図3-2-Aのように変形する要因として、外的要因と内的要因の2種類が考えられます。外的要因としては、ドングリの成長過程において、鳥獣や昆虫によって外部から損傷を受けることで、発育に支障を来たすことが考えられます。それ以外にも、ドングリの樹に特有の病気等も考えられますが、ほとんどの場合、1つの個体で発生する“変形くん” の割合がかなり低いことや、周囲の個体との相関が全く無いことから、これは無視してもいいと思います。一方、内的要因としては、ドングリの発生段階において、堅果の変形を誘起するような何らかの要素が内在することが考えられます。

 とりあえず、何れの要因が大きく関与しているのか、あれこれ詮索する前に、 “変形くん” の外観を観察することから始めました。私の場合、この分野は全くの素人ですから、実物を観察する以外に有効な手段はもち合わせていません。ですから、特定の樹種だけでなく、色々な樹種から “変形くん” の仲間を採集してきて、それらの形態観察を積み重ねることで、推察した結果の信憑性を高めることにしました。

 まずは、外的要因の可能性について考えてみました。鳥獣や昆虫が関与しているとすれば、必ず殻斗や殻斗から露出した堅果の一部に何らかの痕跡が残るはずです。そこで、殻斗がついた状態の、様々な種類の “変形くん” の外観を調べて、ドングリを変形させるような外傷が無いか調べてみました。
 すると、シラカシのドングリのようなリング状の殻斗をもつものには、必ずと言っていいぐらい殻斗の一部に欠損があり、そこから露出した堅果の表面に傷のようなものがありました(図3-2-1-1参照)。ところが、クヌギやアベマキのような細長い鱗片状の殻斗をもつドングリをみると、そのような傷は全く見られませんでした(図3-2-1-2参照)。
 以上の観察結果から、外的要因でこのような変形が生じるとは考えにくい状況です。そうなると、内的要因が関与していることになりますが、一体ドングリの内部で何が起こっているのでしょう。

 
 ドングリが変形する要因がドングリそのものにあるとすると、“変形くん” に共通した特徴を調べることで、解明の糸口が掴めるかもしれません。そこで、様々な種類の “変形くん” について、共通する外観上の特徴を調べてみました。その結果、以下の3つの共通点があることが判りました。


  
・ へその一端(稀に複数端も有)とその周辺部に陥没、もしくは激しい凹凸がある
  ・ 上記の陥没部分から首にかけて、果皮にケロイド状の変質がある
  ・ 上記の陥没部分に向かって、堅果が弓形に曲がっている
 “ 変形くん ” に見られるこれらの共通点を見て、私はふとあることに気づきました。これらの特徴が、あるドングリの特徴と酷似していたのです。セクション3-1-1をご覧になった方は、既にお気付づきかもしれませんが、これらは正に多果ドングリの堅果に見られる特徴そのものなんです。

 同様に、殻斗についても “変形くん” に共通する特徴について調べてみました。殻斗と堅果との対応関係を明確にする為、殻斗が付いた状態のアベマキの “変形くん” から、殻斗を取り外したところを図3-2-1-3に示します。

 普通、成熟した堅果であれば、殻斗から容易に取り外すことが出来ますが、 “変形くん”の場合は殻斗にしっかりと貼り付いていて取り外すのに少しばかり力を要しました。取り外した後で殻斗の内側を見ると、へそ一端と一致する箇所に、堅果の一部が癒着していた痕跡がはっきりと殻斗に残っていました。さらに、癒着していた部分の殻斗の断面構造を見ると、殻斗の内壁だけではなく、その内部まで深く変質した層が拡がっていることが判りました(図3-2-1-4参照)。

 これらの状況から推察すると、ドングリがまだ幼果の段階から、既に殻斗にはこのような変質層が存在したと考えて間違い無いでしょう。

 “変形くん” の殻斗の構造を観察していて、私が一番気になったのは、癒着の痕跡が必ずへその一端と重なる部分に存在しているということです。 “変形くん” に見られる多果ドングリとの共通点が頭から離れない私は、もしかすると形は全然違うけれども、癒着の痕跡は別の堅果のへそに該当する部分であったのではないかと思えてきました。

 ここで、ドングリにおけるへその役割について確認してみましょう。未熟な堅果は、殻斗の内側と維管束で繋がっており、最終的にへそになるところを通して、水分や栄養分を吸収しながら成長します。殻斗は、堅果が成熟して栄養分を送る必要が無くなると、維管束を分断して堅果との間に離層(図3-2-1-3の殻斗内側にある白っぽい部分がその痕跡)を形成します。
 この時、殻斗の内側には堅果の数に応じた離層の痕跡が残ります。この事から、殻斗の内側にある離層の痕跡は、堅果が成熟した証ということになります。
 逆に考えると、堅果が未熟な段階で成長が停まった場合は、殻斗の内側に離層の痕跡は存在せず、未熟な堅果と殻斗が癒着した図3-2-1-3の様な痕跡を残すのではないでしょうか。

 以上、変形ドングリ “変形くん” の堅果と殻斗の構造を見てきた結果、私は “変形くん” が多果ドングリの一種だであるという結論に至りました。以下に “変形くん” の発生のメカニズムをまとめますが、話を判りやすくする為に、“変形くん” と2果のドングリの関係を例に挙げて説明します。

 通常、殻斗の元になる器官に咲いた1個の雌花が結実すると、1つの殻斗の中に1個の堅果をもった単果のドングリが生まれます。一方、殻斗の元になる器官に2個の雌花が咲いて、2個とも結実すると2果のドングリが生まれます。これを別の言い方で表現すると、我々が目にする2果のドングリは、2果として発現して、2個とも無事に結実した結果として存在するのです。

 ところが、同じように2果として発現したにも拘わらず、何らかの原因で一方の堅果が成長過程の早期に退化消滅してしまった状態を想像してみて下さい。その場合、消滅した堅果は殻斗やもう一方の堅果に何らかの痕跡を残しますが、最終的に成熟したものは単果のドングリということになりますよね。実は、これが “変形くん” の正体なんです。
 2果として発現したことで、2個の堅果は互いに物理的なストレスを感じながらら成長しますが、そのストレスの痕跡こそが、成長した一方の堅果に見られる果皮の変質や弓形の歪みだと考えられます。

 以上の話を総括すると、変形ドングリ “変形くん” は実は広義の多果ドングリ(不完全な多果ドングリ)であり、成長過程の早期段階において、多果を構成する複数の雌花(もしくは幼堅果)が、1個を除いて退化消滅
(*)した結果生じたものであるということです。
 * 多果を構成する雌花が、その成長過程で退化消滅する現象については、セクション8の雑記130で実証済です。

 変形ドングリ “変形くん” が多果ドングリの1種であるとすると、以前から気掛かりであったもうひとつの疑問にも答えが見つかるかもしれません。もうひとつの疑問というのは、コナラ属のドングリが潜在的に最大何果まで発現するのかということです。

 これまで、私はたくさんの多果ドングリを採集してきましたが、多くても3果までで、4果以上のドングリにお目にかかったことはありません。果たして、4果以上の発現は自然界で起こりうるものなのでしょうか?これは私にとって大きな謎でした。
 ところが、“変形くん” が多果ドングリの一種であるとすると、この謎が間接的に解明できる可能性が出てきました。なぜなら、4果以上の多果ドングリを見つけることが出来なくても、“変形くん” の中に4果以上の痕跡を見つけることが出来れば、それが答えになるからです。

 
 2007年の秋に、漸くその謎に迫る機会に遭遇しました。偶然にも採集したドングリの中に、4果(図3-2-1-5参照)と6果(図3-2-1-6参照)の痕跡をもつアベマキの “変形くん” が見つかったのです。4果のものは合計2個見つかりましたが、6果のものは1個しか見つかりませんでした。

 6果のドングリについては、狭い殻斗の中で6果が発現したことで、通常大きく成長するはずの堅果がほとんどドングリとは言えない代物になっていました(図3-2-1-7参照)。この姿は、過剰な多果の発現がドングリの生命を危険に曝すことを端的に物語っていると思います。

 今回の調査から、最大果数については定かではありませんが、コナラ属でも6果の発現が起こりうることが間接的に示せたのではないかと考えています。今後、6果のドングリの存在を実証する為に、より一層入念な探索活動を続けていきます
(**)
** コナラ属の多果ドングリに4〜6果のものが実在することは、セクション15で実証済です。