3-1-5. 多果の花からドングリへ

 コナラ属の中でも、シラカシは特に多果を発現しやすい傾向があります。個体によっては、数万個の多果の雌花を咲かせるものもありますが、それらの中で結実するのはせいぜい1/100程度といったところでしょう。ですから、1個の多果の雌花が結実するまでの過程を定点観察するのは、容易なことではありませんが、複数の個体で開花時からランダムに多果の定点撮影を続けてきた結果、幸運にもその中の1個が無事に結実してくれました。
 この幸運をもたらしてくれたのは、自宅周辺の街路樹として植栽されたシラカシで、樹高が2m程度の若木です。樹全体の開花状況を確認したところ、6月には総計314個の多果の雌花が咲きましたが、最終的に結実したのは2果のドングリが2個と3果のドングリが1個の計3個(図3-1-5-A参照)だけでした。そして、今回撮影に成功したのは、、この中の3果のドングリです。

 3個の堅果の内の1個は、途中で成長が停止してしまったので、パッと見は2果のドングリにしか見えないのですが、写真をよく見ると、殻斗の隙間から第3の堅果がちょっぴり顔を出しているのがわかるでしょう。


 以下のファイルは、3果の雌花が開花(6月上旬)してから、ドングリが結実(11月中旬)するまでのおよそ半年間の成長記録です。各期間のファイル名をクリックしてご覧下さい。

関連記事
・ セクション8 “ 雑記68: 多果の雌花がドングリになるまで ”