14. 4本以上の花柱をもつドングリ

 前節において、クリ属を除くブナ科の果実には、2〜5本の花柱があることを指摘しました。では、それ以外の本数の花柱をもつものは存在しないのでしょうか。

 被子植物の雌蕊は、ほとんどが複数の心皮(=合成心皮)から成る複合雌蕊ですが、中にはモクレン科やマメ科の植物のように、1枚の心皮(=離生心皮)からなる単一雌蕊もあります。
 ドングリを結実するブナ科の植物も基本的に複合雌蕊ですが、雌蕊を造るのに最低2枚の心皮である必然性はありません。ですから、1本の花柱をもつドングリ、即ち1枚の心皮で形成された単一雌蕊が存在しても何ら不思議ではないはずです。

 多果を構成する堅果の中には、稀に1本の花柱をもつものを目にすることが出来ます。図14-3-1は、シラカシの3果(幼果)に見られる実例です。花柱の軸の太さが隣接する2つの堅果の一本分に相当することや、先端の黒く変色した部分が球形であることから、間違いなく単一雌蕊に由来するものだと考えられます。

 一方、単果では1本の花柱をもつものは極めて稀にしか存在しません。図14-3-2はアラカシで見つけたものですが、これ以外にシラカシで見たものも含めて、これまでに3例しか目撃したことがありません。
 多果、単果を問わず、単一雌蕊に由来する幼果について特筆すべき点は、子房が胚珠を包含しない、即ち種無しであるという事です(現在、単一雌蕊に由来する果実の生育状態について確認中)。


 最も少ない花柱が1本であることは判りましたが、それでは最も多いものは何本なんでしょうか。一般によく目にするのは5本までですが、極めて稀に6本以上のものにも遭遇します。私がこれまで目撃した中で最も多いものは8本です(図14-3-3参照)。
 この幼果の内部構造を見ると、子室が8個あり、各々の子室にはこれまた胚珠が2個づつの合計16個あるので、明らかにこの雌蕊は8枚の心皮で構成されていることになります。
 個々の胚珠は、子房の中心軸に対して同心円状に配置しておらず、中心軸に対してほぼ径方向(ランダムとも言える)に位置しており、子房の中にまだまだ多くの胚珠を包含出来る余裕が伺えます。私が探し出せないだけで、多分もっと多くの花柱をもつドングリがどこかに存在すると思います。

(注) このセクションに記載されている写真等の無断転載はご遠慮下さい。