14. 4本以上の花柱をもつドングリ

 セクション14-1では、クリ属を除くドングリの花柱の数が、一般の書物や文献に記載されている3本ではなく、2〜5本の範囲に分布していることを紹介しました。このセクションでは、標準的な3本の花柱が本当にスプリットしたり合着することで、それ以外の本数の花柱が存在している訳ではないことを示す為に、花柱と果実の内部構造(子室、胚珠)との対応関係について調査しました。
 花柱は、雌花の雌蕊の先端部分にあって花粉の授受を媒介する器官であり、一般的には雌蕊を構成している心皮(*)の数に対応すると考えられています。ですから、花柱が3本あるということは、果実の元になる雌蕊が3枚の心皮から構成されていることになりますので、果実の内部には3つの子室とその倍の6つの胚珠が存在します。

 そこで、実際に花柱の数が異なるシラカシの幼果を胴回りで切断して、それぞれの内部にある子室と胚珠の状態を観察してみることにしました。前述した通り、花柱はスプリットしたり合着しているものがありますので、実態を明らかにする為に、花柱が2本のものは20個、それ以外の数のものについては各々50個前後を対象検体としました。
 * 雌蕊を構成する要素で、胚珠をつけた葉 [ 大胞葉 ] のこと。ブナ科の場合、1枚の心皮で1つの子室を形成し、その内部に2つの胚珠を包含する。

 
 図14-2-1は、開花後1ヶ月(図中:6月25日)〜2.5ヶ月(図中:8月10日)の期間における、シラカシの幼果の切断面の経時変化を表しています。これを見ると、子室や胚珠の状態が実体顕微鏡レベルで明瞭に観察出来るのは、開花後1.5ヶ月〜2ヶ月あまりの極めて短期間に限定されることが判ります。

 この期間内に、2〜5本の花柱をもつ幼果の切断面を観察した結果、各々8割以上のもの
(**)で花柱と心皮の数が対応していることを示す明確なデータを取得することが出来ました(図14-2-2参照)。
** それ以外のものは、花柱がスプリットしたり合着している為、心皮との対応関係が取れていませんでした。


 セクション14-1と14-2の結果から、ブナ科(クリ属を除く)のドングリには一般的に2〜5本の花柱があり、各々の雌蕊は2〜5枚の心皮で構成されていることが明らかになりました。これより、文献や一般の書物に見られる、“ ドングリには3本の花柱がある ” というブナ科の果実の実態とかけ離れたステレオタイプな表記は、今後修正が必要なのではないでしょうか。

(注) このセクションに記載されている写真等の無断転載はご遠慮下さい。