14. 4本以上の花柱をもつドングリ

 まずは、コナラ属のシラカシを例にとって、花柱の数の実態調査を行いました。

 調査方法としては、シラカシが数多く植栽されている深田公園(兵庫県三田市)と掖谷公園(兵庫県神戸市)で各々10本の個体を選出し、個体毎に無作為に3本の果軸を採集して、そこに着果した幼果の花柱の数を集計しました(表14-1-1参照)。
 この表をみると、確かに平均的な花柱の数は3本であり、それ以外のものは種全体から見ると少数派ですが、個体によっては、少数派であるはずの4本の花柱を有するものが、半数以上を占めることが判りました。


 但し、コナラ属のドングリの花柱は平板なので、本来3本ある花柱がスプリットして、4〜5本あるように見えていても判別するのが難しいと思います。
 そこで次に、円筒型の花柱
をもつマテバシイ属のシリブカガシについて調査しました。円筒形の花柱であれば、仮りにスプリットしたら明らかに円筒形ではなくなるので、スプリットの有無を容易に判別できると考えたからです。

 調査に当たって、京阪神全域に植栽された9つの個体から、個体毎に雌花軸を2〜3本採取し、そこに開花した雌花の花柱の本数を集計しました。その結果を表14-1-2にまとめます。

 この表から、4本以上の花柱をもつ雌花は、シラカシと同様に特定の個体に多いことが判りました。しかも、4本以上の花柱はいずれも円筒形であることから、この表の数値が実際の花柱の本数であることもこれではっきりしました。
 
 因みに、この表にある樹木個体番号2の雌花軸の写真を図14-1-3に示しますが、この個体の雌花を見ると、3本の花柱をもつものが標準形態だとはとても思えない状況です。


 ここまで、4本乃至5本の花柱をもつドングリについて紹介してきましたが、ドングリの種類を問わず、僅かながら2本の花柱をもつものも存在します(図14-1-4参照)。花柱の本数毎に、ドングリが存在する割合を不等号を使って表現してみると、大体以下の様な関係になると思います。これは、あくまで観察者である私自身の経験的、感覚的な見積もりです。

3本 > 4本 > 5本 >> 2本

 不等号1つで、数量のオーダーが1桁程度異なると解釈して頂ければ結構です。5本と2本の間に不等号を2つ挿入していますが、それだけ2本の花柱をもつものは存在数が少ないということを表しています。

 ところが、そんな希少な2本の花柱をもつドングリが、特定の個体でしばしば大量に発生するケースがあります。実は、多果の中には一般的な3本の花柱をもつものといっしょに、2本の花柱をもつものが数多く混在しています(図14-1-5参照)。殻斗の元になる器官に複数個の雌花が咲くと、雌蕊を構成する心皮の枚数にアンバランスが生じやすくなるのかもしれません。


 以上の結果から、3本の花柱をもつドングリが標準的な形態であることに間違いはないのですが、それ以外の数の花柱をもつものがドングリの種類を問わず相当な割合で存在することが明らかになりました。