11-2. 花柱とその周辺部の構造

 へその反対側にある小さな突起物を、花柱と言います。この部分は、アラカシやウラジロガシのように、丸いドングリに突き刺さる小さな棘にしか見えないものから、クリのように堅果長の数10%の長さを占めるものまで、その形態は様々です(図11-2-1参照)。
 肉眼では、はっきりと見えないこの部分を走査型電子顕微鏡で拡大してみると、特撮映画に出てくる宇宙人や銀河を彷彿させる奇妙な世界が見えてきました。このセクションでは、その中の代表的なものを幾つかご紹介します。


・ アラカシ ( Quercus glauca )

図11-2-2. アラカシの花柱とその周辺構造

 アラカシの花柱とその周辺部分は、ドングリの中でも最もシンプルな構造をしています。図11-2-2の(a1)、(a2)から、堅果の最表面を包む表皮によって、花柱の下半分がすっぽりと覆い尽されています。
 私は、これまでドングリは真果だと思っていたのですが、この写真を見ると、どうやら偽果のようです。へそと花柱の先端を除いて堅果全体を被覆しているこの表皮は、花柱の周囲で50〜100ミクロン程度と最も厚く、その部分から遠ざかるにつれて急激に薄くなり、堅果の胴回り付近では僅か10ミクロン前後の厚みになります。


・ カシワ ( Quercus dentata )

図11-2-3. カシワの花柱とその周辺構造

 カシワの花柱の先端部分は、図中(a)のような杓文字の形をしています。[ 図中(a1)、(a2)参照 ] 。杓文字の様な部分を切除すると、花柱全体が長い円筒形の表皮に包まれていることが判ります[ 図中(b) 、(b1)参照 ] 。この写真も、アラカシと同様に、ドングリが偽果であることを明確に表しています。


・ コナラ ( Quercus serrata )

図11-2-4. コナラの花柱とその周辺構造

 花柱とその周辺部の構造は、ドングリの種類は勿論の事、個体間でもかなり形状が異なります。図11-2-4はその好例で、これらは3つの異なるコナラから採集したドングリのものです。花柱の先端部分がいくつにも分裂して、花びらの様に見えるものもあります [ 図中(c)参照 ] 。


・ ツクバネガシ ( Quercus sessilifolia )

図11-2-5. ツクバネガシの花柱とその周辺構造

 ドングリの中には、花柱が4本や5本もあるものが存在します。ここでは、ツクバネガシのドングリを例に挙げます。図中(c)のドングリには花柱が5本もありますが、角度を変えて見ると、3本の花柱の中の2本が、各々2本づつに分裂しているようにも見えます [ 図中(c1)、(c2)参照 ] 。

 コナラ属の雌花の子房は3枚の心皮から形成されていると言われていますが、実は最低2枚、多いものでは5枚(もしくはそれ以上)の心皮で構成されています
(*)。花柱は分裂したり、合着しているものが多数ありますので、外観からでは正しく判断出来ませんが、概ね花柱の数と心皮の数は一致します。

* 詳細は、セクション8の雑記81を参照願います。


 上記以外に特徴的な花柱の構造をもつドングリをいくつか御紹介します。下記のドングリの名称をクリックすれば内容を御覧頂けます。
・ クヌギ ( Quercus acutissima )
・ イチイガシ ( Quercus gilva )
・ ウバメガシ ( Quercus phillyraeoides )
・ ナラガシワ ( Quercus aliena )
・ ウラジロガシ ( Quercus salicina )
・ スダジイ ( Castanopsis sieboldii )
・ マテバシイ ( Lithocarpus edulis )
・ Black Oak ( Quercus velutina )