堅果  〜へそ〜


 図10-E-1は、堅果のへそを拡大撮影したものです。白くてザラザラした部分は、表面に10〜20ミクロン程度の凹凸があります。へその外周と同心円状の位置にある幾つかの孔 [ 直径〜200ミクロン(=0.2mm) ] は、維管束の跡でしょう。

 図10-E-2は、堅果を縦方向に切断して、へそと果皮との境界付近を電子顕微鏡で拡大撮影したものです。境界線については、図中に黄緑色(果皮側)と桃色(へそ側)の矢印で、およその位置を表示しています。

 へそと果皮は、見た目が全く異なりますが、ミクロレベルで見ると表面側の組織の形質が違うだけで、内部の構造は非常に良く似ています。