堅果  〜花柱〜


 図10-D-1は、花柱の先端付近を拡大撮影したものです。3つに分かれた花柱の先端は外向きに捻じ曲がっています。また、花柱の表面は、高さ方向に柱状の組織がいくつも寄り集まったように見えます。

 図10-D-2は、花柱の表面とその断面を拡大撮影したものです。花柱の表面は、殻斗の外壁と同じ様に細かい毛 [ 太さ:5ミクロン、長さ:100ミクロン(=0.1mm)程度 ] で覆われています。ただ、殻斗の場合とは少し異なり、この毛は下地(堅果の最表面層)との密着性が低く、指先で軽く擦るだけで簡単に剥離します。
 一方、花柱の断面構造を見ると、表面は毛で覆われていますが、その内部は図10-C-1で見た果皮と同じ組織構造になっています。

 図10-D-3は、花柱周辺の堅果最表面層に密生する毛を拡大撮影したものです。ここには、花柱の表面と全く同じ毛が付着しています。この毛は、花柱の表面に密生するものよりも、堅果表面との密着性が一段と低く、指先でドングリに触れるだけで簡単に剥離します。このドングリの場合には、成熟して樹から落下した後、数日間風雨に曝されただけで、この部分の毛はほとんど脱落します。


 図10-D-4は花柱とその周辺部を電子顕微鏡で拡大撮影したものです。よく見ると、花柱を取り巻くように薄い皮が貼り付いています。
 一方、図10-D-5は花柱とその周辺部の断面写真する。これを見ると、花柱は果皮の部分と同じ柱状組織と層状組織で構成されており、花柱の先端以外の部分は、極めて薄い表皮(図中:最表面層)で覆われています。
 これらの写真を元に、図10-D-6に花柱周辺の断面構造の模式図を描いてみます。堅果には花柱の先端部を除く全体を、子房以外の植物組織によって被覆されていた痕跡があるので、ドングリは偽果である可能性が高いと思われます。