6-4. 大泉緑地の奇妙なドングリ その3

 図6-4-1は、大泉緑地公園で採集したコナラのドングリです。どこにでもありそうな2つのコナラのドングリですが、1つは稀に見る変わり者のドングリなんです。

 図6-4-2は、図6-4-1にあるそれぞれの殻斗を内側から見たところです。一見すると、(a)よりも(b)の殻斗はかなり肉厚に見えます。私がこの殻斗を2年前に初めて採集した時には、単に分厚い殻斗という印象しかありませんでした。ところが、最近になってよく見ると、特異な形態をしていることに気が付いたのです。

 図6-4-3は、これらの殻斗の断面構造です。記号(a)、(b)は図6-4-2の図番と対応しています。見ての通り、(a)と(b)の間で殻斗の厚みはほとんど変わりませんが、(b)では殻斗の鱗片が内側にまで侵入しています。侵入量は極僅かですが、明らかに普通のコナラの殻斗には見られない特異な現象です。
 セクション6-2で紹介した、クヌギやアベマキの殻斗ほどではありませんが、コナラ属の別の種類のドングリにも全く同じ事象が存在したことは驚きです。

 今年の秋に、このドングリについて調査した結果を以下にまとめておきます。

1. 10月上旬〜中旬にかけて、このドングリを結実するコナラから、総計1227個の殻斗を採集しました。鱗片の殻斗内側への侵入状態に着目して形態を分類すると、殻斗の裾の全周から鱗片が侵入しているものが圧倒的に多い(913個/1227個:全体の74%)ことが判りました。また、部分的に鱗片が侵入しているもの(図6-4-4参照)が218個/1227個(全体の18%)、そして全く鱗片の侵入が無いもの(普通の殻斗と同じ形態)が96個/1227個(全体の8%)ありました。セクション6-2で紹介したクヌギやアベマキの殻斗と比較すると、特異な殻斗の発生頻度が際立って高いことが伺えます。


2. このドングリの堅果の形態についてみると、成熟したものは図6-4-1(b)に示すように、普通のコナラのドングリと同じような形をしていました。鱗片が殻斗の内側に侵入してきたことで、堅果が大きく変形している様子はありませんでした。ただ、殻斗の裾から部分的に鱗片が侵入しているものについては、鱗片の侵入が無い方向にやや捻じれた形をしている堅果が大多数でした(図6-4-5参照)。

3. このコナラの樹で結実するドングリは、ほとんどが未熟な状態で落下していました(図6-4-6参照)。今年の秋に採集したものの中で、図6-4-1の様な成熟したドングリは、僅か32個しかありませんでした。ある程度まで大きく成長した変形堅果(図6-4-5参照)が38個で、残りは全て幼果の段階で落下していました。また、この図から、幼果の段階で既に鱗片が侵入していることも明らかになりました。