6-3. 大泉緑地の奇妙なドングリ その2

 みなさんは、堅果の一部が異常に膨らんだドングリ(図6-3-1:赤丸で囲んだ部分)を御覧になったことがありますか?局部的に大きく膨らんでいるせいで、堅果全体が歪な形をしています。毎年ドングリを拾いに出掛けると、数は少ないのですが、行く先々でこの様なドングリを目にします。

 ところが、驚いたことにこの奇妙な形をしたドングリを大量に結実するクヌギが大泉緑地にあるんです。普通の形をしたドングリは全体の結実量の2割程度と少なく、大半がこのような変形ドングリです。図6-3-2に、このクヌギから採集した変形ドングリの一部を紹介します。どれもこれも同じ様に堅果が部分的に膨らんでいます。中には、激しく膨らみ過ぎて、果皮が裂けているものもあります。

 この堅果の切断面を見ると、中には果皮と種子の間だけでなく、種子と種子の間にまで種皮があることが判ります(図6-3-3参照)。
 種皮は種子を包む為のものですから、このドングリには、普通1個しかないはずの種子が2個存在することになります。1つ余計に種子が存在することで、通常の堅果のサイズでは納まりきらなくなり、その歪みが堅果の部分的な膨れとして現れたのでしょう。

 みなさんはドングリの一種である栗を食べた時に、殻と渋皮をきれいに取り除いたにも拘わらず、口中に渋皮が残るような経験をされたことはありませんか?たぶん、その栗の中には、この奇妙なドングリと同じように2つの種子が入っていたのだと思います。

 2つの種子をもっているドングリには、他にもセクション3-1で紹介した多果(2果)ドングリがあります。同じように2つの種子を持っているのに、ここで紹介したものとは見た目が全然違います。これらの違いは、どこから生まれてくるのでしょうか。

 セクション3-1で説明したように、殻斗の元になる器官に2個の雌花が咲いて、2個ともが結実すると、2個の種子をもつ2果のドングリが生まれます [ 図6-3-4(a)参照 ]。
 一方、殻斗の元になる器官に1個の雌花が咲いて、その中にある複数個の胚珠の内の2個が同時に成長すると、1個の堅果に2個の種子が入ったドングリが生まれます [ 図6-3-4(b)参照 ] 。これが、今回紹介したドングリの素性です。


 (付記)
 同園には、1つの堅果に2つの種子をもつ変形ドングリを、たくさん結実するクヌギが何体かあります。図6-3-5は、その内の1体から採集した変形ドングリです。図6-3-2のものよりやや小ぶりですが、結実量は比較にならないぐらい多いです。因みに、2009年には、この個体の下に足の踏み場も無いぐらいこのドングリが落下していました。