6-2. 大泉緑地の奇妙なドングリ その1

 図6-2-1は、大泉緑地にある特定のアベマキから採集したドングリの殻斗を裏側から見たところです。この殻斗.....何だか少し変なんです。みなさんは、普通のアベマキの殻斗と比べて、どこが変なのか判りますか?

 この写真を見て普通の殻斗との違いが判る人は、余程ドングリに興味のある人でしょう。それでは、“ ドングリの殻斗なんかじっくり見たこと無いぞ! ”とおっしゃる方の為に、典型的なアベマキの殻斗といっしょに並べた写真をお見せしましょう(図6-2-2参照)。

 いかがですか?普通のものと比べてみると、違いは明らかですよね。通常、鱗片は殻斗の表側だけを覆っているのですが、この殻斗は裏側の内壁部分までびっしりと鱗片で覆い尽くされています。
 鱗片がどのようになっているか調べる為に、殻斗を縦方向に切断してみます。すると、殻斗の裾部分から内壁に沿って折り返すように鱗片が伸びており、その先端部分は、堅果と殻斗が繋がっていたへその痕跡のところまで達していることが判ります(図6-2-3参照)。

 何とも摩訶不思議な殻斗ですが、実はこのドングリ.....変なのは殻斗だけではありません。これに包まれている堅果が、殻斗に負けないぐらい奇妙な形をしているのです(図6-2-4参照)。

 胴回りには不規則な凹凸があり、花柱の周辺には突出した膨れが見られます。みなさんも、一度セクション3-2で紹介した変形ドングリと比べてみて下さい。そうすれば、この堅果がどれだけ異様な形をしているかが判ると思います。

 堅果が変形する要因として、セクション3-2で紹介した変形ドングリ“ 変形くん ”
(*) のケースが考えられますが、この奇妙な堅果には “変形くん” に見られるような多果(**)の一部が消滅した痕跡は全くありません。
 他の要因として、1つの堅果内に複数の種子が同時に発現するケース(***)が考えられますが、この奇妙な堅果を解体しても、種子は1つしか存在しません(図6-2-5参照)。
 これらの点から、この奇妙な堅果は、これまで私が見てきた変形ドングリとは全く違う要因で誕生したと考えられます。

  *    変形ドングリ “変形くん” については、セクション3-2を参照願います。
  **  多果については、セクション3-1を参照願います。
  *** 同一堅果内で複数個の種子が同時発現する場合についてはセクション6-3を参照願います。


 このドングリを初めて目にした時には、本当に驚かされました。これまで色々なアベマキのドングリを見てきましたが、このタイプに出会ったのは初めてです。
 当初、このドングリは、同園のこのアベマキだけに見られる特異なものだと思っていたのですが、入念に調査した結果、同園にあるクヌギからも同様の形態のものが見つかりました(図6-2-6参照)。

 こちらのドングリはやや大粒で、全体的に丸みを帯びた形状ですが、その他の特徴はアベマキのものと酷似しています。異なる樹種で類似の形態が見つかったということは、恐らく他の種類でも同じ様な形態のものが存在する可能性が高いのではないでしょうか。



 ここまで、この奇妙なドングリの特異性ばかり強調してきましたが、これらの樹木で結実するドングリの全てがこのように変な形をしているわけではありません。
 これらの樹から落下したドングリを全て調べた結果、奇妙なものは全体の結実量の2割程度で、ほとんどは普通の形をしたドングリでした。クヌギとアベマキで、ほとんど違いはありません。そんな中に、極少数ですが、一部の鱗片だけが殻斗の内側に侵入しているものがありました(図6-2-7参照)。実は、この中途半端な形態のドングリが、堅果の奇妙な形質を理解する上で、大きなヒントを与えてくれたのです。

 図6-2-7の赤い矢印は、殻斗から堅果を取り外す前に、堅果が殻斗に収納されていた箇所を示しています。これを見ると、鱗片が殻斗の内側に侵入している箇所と堅果に窪みのある箇所が、ほぼ一致しています。他の類似形態のものについても同じ傾向がありますので、鱗片の侵入と堅果の変形の間には密接な関係があるようです。



 ここまでの観察結果をもとにして、この奇妙な殻斗に包まれた堅果が異様に変形するメカニズムについて、簡単に考察しておきます。

 この奇妙なドングリには、堅果の表面に多果が発現して消滅した様な痕跡がありませんし、堅果の中には1つしか種子が存在しません。ですから、このドングリは総苞の中に1つの雌花がある単果のドングリとして誕生したことは間違いありません。ところが、その後の成長過程において、堅果の発育に支障を来たす事態が発生します。その引き金となったのは、殻斗の内側に侵入してきた鱗片です。

 堅果は殻斗の形状に合わせて成長しますから、殻斗の内側に入り込んできた鱗片によって、未熟な堅果の発育が妨げられます。ドングリが成熟するまでの長期に亘って、不規則に内側に入り込んできた鱗片によって、堅果の表面にはその侵入量に応じた凹凸が刻み込まれます。また、鱗片が侵入してきたことによって、堅果の横方向への成長が阻害された部分が、縦方向にその発露を求めた結果、花柱周辺にある突出した膨れが生じます。以上が、堅果の変形メカニズムです。

 残念ながら、私が推察出来るのはここまでです。そもそも、この奇妙なドングリを創り出した根源とも言うべき鱗片の侵入原因については、現在のところ解明の緒すら掴めていません。ドングリの成長過程をつぶさに追っていけば、殻斗のメカニズムに肉迫出来るような気がするのですが、諸々の事情があって実行に移せていません。

 今後も引き続きこのドングリについて調査し、新たな知見が得られれば、このセクションに追記したいと考えています。このホームページを御覧になられた方で、この奇妙なドングリの形態に関して何か知見をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひとも御教授願います。