6-1. 大泉緑地の巨大ドングリ群

 クヌギやアベマキは、日本国内で採集出来る最大級のドングリを結実します。これらのドングリの大きさは、樹木の個体間でかなり違いますが、我々が通常かなり大きいと感じるものでも、堅果の重量を計ると14gを超えるものは稀です。大きな公園でドングリの樹がたくさんあるところでも、私のこれまでの経験からすると、14gに達するドングリを結実する樹は、せいぜい1本あるかないかでしょう。
 ところが、この14gの壁を楽々と超えるクヌギやアベマキが驚くほどたくさんあるのが、ここ大泉緑地なんです。勿論、14g程度のドングリを結実する樹については、数え挙げたら切りがありません。

 このセクションでは、大泉緑地で採集出来るクヌギやアベマキの巨大ドングリの数々を御紹介したいと思います。図6-1の地図中で巨大ドングリが植栽されているエリアをクリックすると、そのエリアで採集出来るものが表示されます。エリアは全部で7つあり、全て園内のほぼ中央付近に位置します。地図上でマウスポインタを移動して探索してみて下さい。巨大ドングリが最も多いのはエリア3です。エリアの区画名称については、同園の舗装路で囲まれた領域を基準にして、私が便宜上命名したものです。


注1) 巨大ドングリの樹は、ほぼ毎年、あるいは隔年にドングリを結実しますが、その大きさは年によって大きく異なります。平均すると2〜3年周期でドングリの大きさはピークに達します。

注2) 大泉緑地では、クヌギの数がアベマキよりも圧倒的に多いです。ですから、ここで紹介する巨大ドングリを結実する樹は、ほとんどがクヌギです。

エリア1 エリア2 エリア3 エリア4 エリア5 エリア6 エリア7

図6-1. 大泉緑地公園の巨大ドングリマップ [ 画面上方が北 ]