5.  ドングリの標本を作ろう!

 晩秋の頃になると、クヌギやアベマキのような大型ドングリの落下が終了し、その年の豊作の証のように、大量の帽子(殻斗)だけが、足の踏み場も無いぐらい樹下に散乱している光景をよく目にします。ドングリ拾いに来た人達は、堅果を蒐集するのに夢中で、殻斗にはほとんど見向きもしないようです。

 そういう私自身も、ドングリに興味をもち始めた頃は、“ 殻斗には大小の違いがあっても、形態はほとんど変わらない ” というイメージがあったので、殻斗に着目することはほとんどありませんでした。
 ところが、一見これと言った特徴も無く、全て同じような形に見える殻斗ですが、多くの樹から採集したものを見比べてみると、意外なことに驚くほど様々な形態があることに気付きました。

 このセクションでは、堅果と同様に多彩な姿をもつにも拘わらず、普段あまり注目されていない殻斗にスポットライトを当てて、その魅力を御紹介したいと思います。とりわけ、ドングリの殻斗の中でも、アベマキとクヌギのものが形態のバリエーションに富んでいることから、同じ基本構造をもつこれらの殻斗について、構造のディティールを元に私の独断で下記の13種類に分類しました。

 御覧になりたい方は、下記の分類名称をクリックして下さい。なお、文中で殻斗の部位説明に使用している用語は、便宜上私が命名したものなので、各用語の定義を図2-2-2に解説します。


クヌギ/アベマキの殻斗形態の分類一覧
01. 直径が50mmを超える大きな殻斗 [ 着目箇所 : 直径 ]
02. 直径が25mm以下の小さな殻斗 [ 着目箇所 : 直径 ]
03. 奥行きが深い殻斗 [ 着目箇所 : 長さ ]
04. 奥行きが浅い殻斗 [ 着目箇所 : 長さ ]
05. 内壁が毛深い殻斗 [ 着目箇所 : 内壁 ]
06. 裾から伸びる鱗片が長い殻斗 [ 着目箇所 : 鱗片 ]
07. 裾から伸びる鱗片が短い殻斗 [ 着目箇所 : 鱗片 ]
08. 幅広の鱗片をもつ殻斗 [ 着目箇所 : 鱗片 ]
09. 細い鱗片をもつ殻斗 [ 着目箇所 : 鱗片 ]
10. 鱗片が密生している殻斗 [ 着目箇所 : 鱗片 ]
11. 鱗片が束になり癒着している殻斗 [ 着目箇所 : 鱗片 ]
12. 鱗片が硬くて頑丈な殻斗 [ 着目箇所 : 鱗片 ]
13. 異常成長した鱗片をもつ殻斗 [ 着目箇所 : 鱗片 ]