20-5. マテバシイ シリブカガシ

 
 国産のマテバシイ属のドングリには、マテバシイとシリブカガシの2種類があります。図20-5-1はそれらの典型的な堅果で、マテバシイは砲弾形、シリブカガシは胴回りが膨らんだ楕円形です。また、シリブカガシの堅果には表面にガラス状の光沢があります。典型的なドングリにおけるこれらの違いを見ていると、マテバシイとシリブカガシは堅果の外観だけで容易に識別できるように思われます。

 しかしながら、マテバシイの堅果は個体差が大きく、シリブカガシのように楕円形のものや、ガラス状の光沢があるもの(図20-5-2参照)が少なからず存在します。
 このように、マテバシイとシリブカガシは堅果の形や質感からは識別が難しい場合もあるので、識別の精度を高めるには、これら以外のポイントにも着目しなければなりません。ここでは、その他の識別ポイントとして、へその形態に着目する方法について提案します。

 マテバシイとシリブカガシの堅果の形態について統計的なデータを得る為に、66体のマテバシイと56体のシリブカガシから各々1個づつ採集したドングリを検体として使用しています。形態の偏りを排除する為に、両者とも京阪神地区にある公園や緑地等から、出来る限り様々な大きさや形ものを集めています。
 堅果の形状を具体的な数値を使って表現する為に、各部位を図20-5-3のように分割して記号化しています。マテバシイやシリブカガシの堅果は歪に変形しているものが多いことから、堅果の胴回りで直径が最大になる部分の値を堅果幅(=W1)とし、その直径と同じ方向のへその長さをへそ幅(=W2 : 実際に窪んでいる部分の内径)と定義します。また、へその面内で最も窪みが深いところをへそ深さ(=H)と定義します。これらの計測には、0.1mm単位まで測定可能な精密ノギスを使用しています。


 へその形態を簡単に計測できる数値で表現すると、へそ深さ(=H)とへそ幅(=W2)になります。図20-5-4は、H値について両者の個数分布を比較したものです。Hの平均値はマテバシイが0.60mm、シリブカガシが0.83mmであり、シリブカガシの方がマテバシイよりもへそが深く窪む傾向にあります。ただ、その差はごく僅かであり、H値の分布の広い範囲に両者が混在していることから、へそ深さは識別ポイントにはなりえません。

 一方、図20-5-5はW2値について両者の個数分布を比較したものです。W2の平均値はマテバシイが8.71mm、シリブカガシが4.27mmであり、マテバシイの方がシリブカガシよりもへそ幅がかなり大きい傾向にあります。さらに、W2値の分布に両者が混在している範囲が狭く、6mm未満の範囲ではシリブカガシが90%以上を占めることから、へそ幅は識別ポイントとして有効であることが判ります。

 ここで、へそ幅が6mm未満のマテバシイの検体は、どれも堅果のサイズが極端に小さなものばかりであることから、堅果のサイズの影響を排除する為に、へそ幅(=W2)を各々の検体の堅果幅(=W1)で規格化した数値(=W2/W1)に変換してみます。すると、両者の分布は完全に分離し、W2/W1=0.4を閾値とすることで100%の識別が可能になります(図20-5-6参照)。

 以上の結果から、マテバシイとシリブカガシは堅果のへその形態によって識別が可能であり、へそ幅を堅果幅で割った値が0.4以下ならばシリブカガシ、それよりも大きければマテバシイになります。
 但し、ここでは各々60体前後の検体しか扱っていないので、前記の結果に当てはまらない例外が存在するかもしれませんので、識別に際しては、冒頭で述べた堅果の形や質感も考慮して総合的に判断することをお勧めします。