2. 樹形
 オキナワウラジロガシは樹高が20mにもなる常緑高木です。久米島で群落を形成している個体は、樹高が10m前後のものが主でした。幹はまっすぐに成長したものよりも、複雑に湾曲したものが多く見られました。