20-3. コナラ ナラガシワ

 
 ツブラジイの堅果は、スダジイをそっくりそのまま小さくしたような形をしています。両者は見た目の大きさが異なる場合が多いので、堅果長が識別のポイントになることは明らかです。ただ、ツブラジイの堅果の中には、小型のスダジイと同じぐらいの大きさのものもあるので、各々の平均的なサイズよりも明らかに大きいか、あるいは小さいものしか堅果長では識別できません
(*)
 ここでは、堅果長とは別に両者を識別する手段として、へその大きさに着目する方法について提案します。
* スダジイとツブラジイの間には、交雑種も多数存在します。

 堅果の形状を具体的な数値を使って表現する為に、各部位を図20-4-2のように分割して記号化しています。各々の記号の意味は、同図の右側に記載した通りです。

 スダジイとツブラジイの堅果の特徴について統計的なデータを得る為に、各々60本の個体から1個づつ採集したドングリを検体として使用しています。形態の偏りを排除する為に、両者とも京阪神地区にある公園や緑地から、出来る限り様々な大きさや形ものを集めています。検体の大きさの目安となる堅果長(=H)と堅果幅(=W1)は各々図20-4-3、図20-4-4にある通りです。横軸はH、W1の寸法の計測値、縦軸は各々の寸法に対する検体数を表しています。なお、計測には0.1mm単位まで測定可能な精密ノギスを使用しています。
 一般に、スダジイのドングリはツブラジイのドングリを一回り大きくした形をしていると言われてますが、図20-3-3を見ると、確かにスダジイのドングリの平均的なサイズはツブラジイの1.5倍以上あります(ツブラジイの平均長〜11.7mm、スダジイの平均長〜18.9mm)。また、両者の分布には明確な差があり、堅果長が16mm以上になるとスダジイ、14mm未満だとツブラジイが占有しています。ですから、これらの堅果長を閾値とすることで、70%程度の確率で両者を識別できます。

 参考までに、図20-4-4に堅果幅に対する個数分布をまとめていますが、両者の分布にほとんど差が見られないことから、堅果幅が識別のポイントにならないことは明らかです。


 次に、冒頭で識別ポイントとして挙げたへその大きさについて見てみましょう。ここでは、へその大きさをその直径(へそ幅 : W2)で表わしています。堅果はへその側から見ると円形のものばかりではありませんので、楕円形をしている堅果については、楕円形の長軸方向の堅果幅におけるへその直径をへそ幅とします。

 図20-4-5は、W2値について両者の個数分布を比較したものです。この図から、ツブラジイの方がスダジイよりもへそ幅が小さい傾向があることが判ります。但し、両者の分布が交わる領域(5mm≦W2<8mm)が大きい為、単純にへそ幅だけで識別しようとすると、堅果長で識別するよりもかえって確度が低下してしまいます。

 ところが、へそ幅(=W2)を各々の検体の堅果幅(=W1)で割って規格化した数値(=W2/W1)に変換すると、両者の分布の境界線が驚くほど明確になるのです(図20-4-6参照)。そして、W2/W1=0.7を両者の閾値とすることで、90%以上の高確率で両者を識別できるようになります。

 以上の結果から、スダジイとツブラジイの堅果を見分ける場合、堅果長といっしょにへそ幅を堅果幅で割った値も合わせて考慮することで、高い確度で両者の識別が可能になると考えられます。 

(識別上の注意事項)

・ スダジイとツブラジイの識別点となるW2/W1=0.7は絶対的なものではありません。あくまで、このセクション内で取り上げた検体におけるものであり、より多くの個体を対象とした場合、この値が微妙に前後する可能性があります。